2019年7月25日 更新

子連れやインドア派さんにもおすすめ!お家でアウトドア♪

夏休み「お子さんと何をして過ごそうか?」「どこに連れて行こうか?」と悩んでいるママやパパも多いのでは?そんなあなたに、いつもとはひとあじ違った夏休みの過ごし方のアイディアをご紹介します!

gettyimages (198478)

夏のアウトドアのひとつといえば『キャンプ』。

筆者自身、小学生時代に母、そして仲良くしているお友達親子と夏休みにキャンプに行った経験が何度かあります。野外で晩ご飯を作って食べ、キャンプファイヤーを囲み、夜怯えながら暗くて虫がいるおトイレに行ったり…と、どれもが良い思い出です。

その反面、キャンプそのものがお天気に左右されてしまったり、(貸出してくれるキャンプ場もありますが)テントや寝袋の用意、食材・調理器具の用意、怪我や体調不良時の救急品の用意など、本格的にキャンプに行くとなると、揃えないといけない物はかなりのものです。

これだけ聞いていると、アウトドア派ではない方は「楽しそうだけど、いざとなると行ききらないかも…」と思われてしまう方もいるのでは?

でも、実はキャンプがおうちでも出来ることをご存知でしたか?

家の中でキャンプ!?と驚かれるかもしれませんが、おうちでキャンプをするメリット、実は沢山あるんです!

《家キャンプのメリット》
◎天気に左右されない
◎自宅で行うので、移動のストレスがない
◎虫の心配がない
◎綺麗なおトイレを使える
◎お風呂に入れる
◎買い忘れたものがあっても、直ぐに買いに行ける
◎怪我や体調不良時も対処し易いので安心
◎荷物の管理(盗難)の心配なし
◎お友達を誘いやすい
◎交通費などがいらない分、費用を節約出来る

家キャンプは雰囲気作りがポイント!

gettyimages (198496)

キャンプの必需品といえばやっぱり「テント」。テントさえあれば、もうこれだけでキャンプの気分を十分味わうことが出来ます。まずは、家キャンプを本格的にしようと思う方は、実際に野外で使うタイプを是非用意されてみて下さい!

気になるテントのお値段ですが、本格的な物になればなるほどお値段は高くなっていきますが(数万円単位)、お手頃なものだと3,000円前後から手に入れることが可能です。
お子さんがまだ小さく、本格的なテントは要らない… 可愛いデザインの物が欲しい…という方には、『キッズテント』がおススメです!キッズテントも大人サイズ顔負けの大きい物もあれば、お値段も様々。ここでは、デザイン性が高くリーズナブルなお値段の物を数点ご紹介します!

オプションでもっと本格的に!

テントを設置し、その中で寝泊りするだけでも、十分に家キャンプを味わうことができますが、さらにキャンプ気分を味わいたい方は、工夫次第でもっと本格的に!
オプション①ご飯を食べる場所をひと工夫
ご自宅にベランダやお庭、ちょっとしたスペースがある場合、そこにレジャーシートやラグなどを敷き、外でご飯を食べてみるのはどうでしょう?ベランダ用の椅子やテーブルがなくても、敷物さえあれば大丈夫。いつもと同じお料理も、外で食べると楽しさも美味しさも倍になりますよ!


オプション②いつものご飯をひと工夫
家キャンプの場合、ご自宅のキッチン・料理器具・お皿などをフルで使うことが出来るのが、ひとつのメリットでもあります。でも、そこに缶詰やレトルト食品をご飯に取り入れることで、キャンプ感が更にアップ!食べる時は、お皿に盛る必要もナシ!缶詰をそのまま食卓に乗せてしまってOK。このワイルド感がキャンプの雰囲気作りに繋がります。

また、ご飯を食べる時に、紙皿や紙コップなどを使ってみるのもおススメです。雰囲気作りを手助けしてくれるのはもちろん、後片付けも楽になりますよ!


オプション③照明を変えてみる
普段の生活では、夜になったら家の電気を点けるのが当たり前…ですが、家キャンプをしている間、その電気を消してみて下さい。そして、実際のキャンプに行った際には欠かせない『ランタン』を利用してみると、キャンプの雰囲気にまた一歩ぐっと近付くことができます!
26 件

このまとめのキュレーター

Sky_Macanoni Sky_Macanoni

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報