2019年9月2日 更新

厳選☆「家宝になるこの一冊」ずーっと一緒にいたい絵本と出会いましょう♪

児童書専門店「ブックハウス神保町」の副店長荒木さんにこっそり教えて貰いました♪ 「家宝になるこの一冊」をご紹介します☆

個性豊かな存在感を放つ『絵本』の魅力。
絵本はあらゆるシーンでたくさんの方々に愛用されています。

子どもが生まれたら買ってあげたい一冊。

子どもの成長の喜びにプレゼントしたい一冊。

大切なひとに贈りたい一冊。

がんばってるひとに贈りたい一冊。

どんなシーンにおいても、贈る側のメッセージが込められているようにも思えます。

今回「元気ママ」では家宝になりうる永遠の一冊を求め、ある書店に足を運びました。

探し求めた場所は千代田区神田にたたずむ「ブックハウス神保町」。副店長の荒木さんにお願いし「家宝になるこの一冊」を厳選していただきました☆
 (31801)

「ブックハウス神保町」
副店長の荒木さん

ブックハウス神保町

千代田区神保町の靖国通りに面する『ブックハウス神保町』。通りの並びには10店舗以上の書店が並ぶ中、ガラス張りの入口は、2階の天井まで吹き抜けになっていてとても開放的。ひときわ目立つ存在感を放っているブックハウス神保町では、絵本をはじめとする児童書とキャラクターグッズを主に取り扱っています。
 (30262)

千代田区神田神保町にある「ブックハウス神保町」。

2005年 10月にオープン。
今年で11年目を迎えようとしています。
店内のインテリアやレイアウトはブックハウス神保町のロゴ「じんぼうくん」を担当したデザイン会社がプロデュースしています。その中でひときわ目立っていたのは店内中央にある赤いソファー。導かれるようにソファーに向かうと、天井には絵本の世界に引き込まれそうなパステル画が描かれています。落ち着いた緑色のカーペットとワクワクするレイアウトの店内のバランスが居心地の良い空間です。
絵本の一節のようなパステル画が描かれた天井、暖かな太陽をイメージした赤いソファ、爽やかで落ち着く緑のカーペットが敷かれた床。本を選ぶ時間も大切にしてほしいと願って、店内の居心地のよさにもこだわりました。
 (29818)

真ん中にはゆったり腰をおろせる赤いソファーと自由な空間。

その周りをぐるっと囲むように、絵本や児童書が並んでいます。

「カテゴリ」別に絵本がわかれていますが、どこに座っても店内が一望できるのです。
「じんぼうくん」には5匹の仲間(ブタ・ゴリラ・あひる・いぬ・かえる)がいます。仲間たちは店内のいろいろな所に隠れているそうですよ♪本を選びながらも思わず探したくなる、粋な遊び心が隠れてる♡
 (31232)

(C)2006 BookHouse jinbocho

子育てママに優しいサービスも♪

 (30269)

入口に「ベビーカーおあずかりします」の張り紙発見☆
店内奥には広い授乳室もありました。授乳室ではおむつ替えも出来ます。授乳ママに嬉しい広さとソファー。
 (30272)

授乳室にも遊び心がいっぱい♡
 (30271)

授乳ママにとって椅子の座り心地は重要なんです。幅の広いリラックスできるソファーなら、姿勢も楽で、ゆったりとした気分で授乳に専念できます。
39 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧