2019年8月28日 更新

妊活したい!けれど職場がNGの雰囲気…そんな時はこれをチェック&心がけて!

筆者自身も経験者なのですが、「職場は子どもを望む女性に厳しい…」と感じた経験はありませんか?そんな際に、心に留めておきたい事柄をまとめます。

thinkstock (126404)

働く女性は、妊娠のタイミングを逃してしまいがちですよね。自らの意思で「今は仕事を精いっぱい」と思える場合には良いのですが、「上司や同僚の雰囲気が…」と我慢してしまっているケースもあるかと思います。

筆者自身も経験があるのですが、そんな際に少しでも気持ちを切り替えられるよう(過度のストレスは妊活にも悪影響ですよね)、以下のことをチェックしてみてはいかがでしょうか。

職場の規則をよく知ろう!

thinkstock (126392)

主にキャリアの浅い方は、残念ですが「入って間もないのに妊娠…?」と言われてしまいがちですよね。

それ以外の方も、一度会社の規定ではどうなっているのかをチェックしてみるのがおすすめです。
・有休はいつから取れるのか(入ってすぐOKの所もあれば、数ヶ月以降の場合もあり。妊娠に関しての休暇は次に書きますが別途定めもあります。)
・試用期間の定めは
・その他、何か妊娠や出産で仕事に影響が出るかもしれない場合にかかわる事項

これらを、最新の“会社規定”の資料や信頼のおける相談者の元でしっかりと確認をしておかれることをおすすめします。
「○○部では妊娠タブー」といった“暗黙の了解”のリサーチではありません、“会社の規則”としてどうなっているのかを見ておくことが大切です。

妊娠しても守ってもらえる法律があることを知ろう!

thinkstock (126395)

さまざまな施策は進んでいるようですが、まだまだ女性の妊娠や出産による業務軽減や休暇には厳しい見方のある会社も多いですよね…。どんなにがんばっても、嫌な顔をする上司はいるかもしれません…。

しかし、女性自身が権利を主張することは可能です!

“母体保護規定”など、妊娠・出産時の女性に不当な仕事や退職を強要することは禁止されているのです。

まずは、女性自身が「どんな規定があるのかな」と目を通して知っておくことが大切ですね。妊娠を考え始めたら、一度見ておくと良いと思います。

日頃から仕事にしっかりと向き合い、助け合いの精神も大切に!

gettyimages (126399)

妊活をしようと思っている、妊娠をした、ということを打ち明ける以前から、仕事に真剣に向き合っておく姿勢は大切です。

「働くうえで(妊娠関係なく)絶対条件だ」という捉え方もできるのですが、妊娠・出産ですくなからず仕事に穴をあけたり助けてもらわなくてはならないことは出てきますよね。

妊娠・出産で休暇を取る上で、職場に「あなたが必要で、また戻ってきてほしい」と言ってもらえると光栄ですよね。そのためだけではありませんが、日頃から仕事にしっかりと向き合うとともに、できる時に同僚の体調や家庭の事情などさまざまなシーンでの積極的なサポートを申し出ておくことも大切です。
仕事はチームで助け合っていくことが大切です。妊娠してからむやみにがんばると、逆手に取られてしまう場合もあります…。日頃から懸命な姿勢・助け合いの精神を大切にしましょう♪

そうしていても言う人は言ってくるのですが…。でも、できる時に一生懸命しておくことは、必ず自分にもプラスになると思います!
20 件

このまとめのキュレーター

piyoco piyoco

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧