2020年3月15日 更新

休校によるおこもり親子にオススメ「今年読まれている絵本・児童書ランキング」トップ10

子どもたちにも新型コロナによる危機管理が必要?!3位には『今すぐ身につけたいサバイバルテクニック 遭難・災害…キミは生き残ることができるか?』がランクイン!

3月から休校になった学校も多く、自宅で過ごすおこもり親子も多いと思います。そこで今回は、ハイブリッド型総合書店「honto」が集計・発表した「今年読まれている絵本・児童書ランキング」を紹介します。
 (219592)

≪ランキング集計概要≫
ハイブリッド型総合書店honto(hontoサイトの本の通販ストア・電子書籍ストアと、丸善、ジュンク堂書店、文教堂)でジャンル「絵本・児童書」の書籍の全年代における購買冊数のランキングを抽出。<集計期間:2020年1月1日~2020年3月10日>

「今年読まれている絵本・児童書ランキング」トップ10

【第1位】『こども六法』

1,320
法律はみんなを守るためにある。知っていれば大人に悩みを伝えて解決してもらうのに役立つよ。いじめ、虐待に悩んでいるきみへ、楯となる法律について、イラストとやわらかい言葉で解説する。

著者:山崎聡一郎、伊藤ハムスター(絵)
出版社:弘文堂
【第2位】『なんだろうなんだろう』

1,650
なんだろうなんだろう、「学校」ってなんだろう。つい忘れ物をしちゃうところ? ヨシタケシンスケが描く「たとえばこんな考え方、どうでしょう?」の本。道徳教科書(小1〜中3・光村図書)のコラムにかき下ろしを加える。

著者:ヨシタケシンスケ
出版社:光村図書出版
【第3位】『今すぐ身につけたいサバイバルテクニック 遭難・災害…キミは生き残ることができるか?』

1,540
アウトドアの達人・りんぺい先生とエビ君が、無人島で生きていくためのさまざまな技や知恵、さらに、災害が起きても生き残る・生きのびるための技術を紹介します。月刊誌『子供の科学』連載を大幅に加筆し再構成して書籍化。

著者:かざまりんぺい、えびなみつる
出版社:誠文堂新光社
【第4位】『もしものせかい』

990
もしものせかいは、きみのこころのなかにある、もうひとつのせかい。きみにとってとてもだいじなものが、もしものせかいにいって、もどってこないとき、とてもつらいかもしれないけれど、だいじょうぶ。なぜなら…。

著者:ヨシタケシンスケ
出版社:赤ちゃんとママ社
【第5位】『小説映画ドラえもんのび太の新恐竜』

792
のび太が恐竜博の化石発掘で見つけた、恐竜のたまごの化石。タイムふろしきで元に戻すと、双子の恐竜が生まれてきた! のび太たちは恐竜を元の時代に返そうと6600万年前へと出発し…。2020年3月公開映画を小説化。

著者:藤子・F・不二雄(原作)、川村 元気(脚本)、涌井 学(著)
出版社:小学館
【第6位】ゴミの島のサバイバル 生き残り作戦
https://honto.jp/netstore/pd-book_30099650.html

【第7位】ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)
https://honto.jp/ebook/pd_28478997.html

【第8位】カラコロピタン!レゴブロックで作るからくり装置
https://honto.jp/netstore/pd-book_29231796.html

【第9位】四つ子ぐらし 5上 初恋の人の正体 (角川つばさ文庫)
https://honto.jp/ebook/pd_30174418.html

【第10位】どっちが強い!? ゾウアザラシvsホッキョクグマ 氷上のドデカ対決
https://honto.jp/ebook/pd_30166804.html
21 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧