2018年8月31日 更新

育児の強い味方!正しいミルクの作り方&あげ方

初めての育児でママが戸惑わないよう、ミルクの作り方&あげ方についてまとめました。

gettyimages (163746)

母乳だけでは足りない場合や、ママの感染症などが原因で母乳をあげることができない場合があります。そんな時に便利なのがミルクです。今回は初めての育児でママが戸惑わないよう、ミルクの作り方&あげ方についてまとめました。

育児の強い味方!ミルクの作り方&あげ方

gettyimages (163751)

① 石鹸で手を洗い、消毒した哺乳瓶に正しく量った粉ミルクを加えます。濡れた計量スプーンをミルク缶に戻すと腐敗の原因になるので注意しましょう。
② 沸騰したお湯と沸騰後に完全に冷ました水を用意します。それぞれ同量程度に混ぜて、70℃くらいのミルクを作ります。(湯はできあがり量の3分の2程度)
③ 哺乳瓶のキャップをしめ、円を描くように哺乳瓶を振ってミルクを湯に溶かします。その後、できあがり量まで湯を足し、ゆっくりと振って全体を混ぜ合わせます。
④ ミルクがまだ熱い場合は、哺乳瓶を水道の流水にあてて人肌程度に冷まします。水が哺乳瓶のキャップにかからないよう、びん部分に流水をあてるようにしましょう。
⑤ 適温になったかどうかは、腕にミルクを一滴垂らして確認します。生温かいと感じられるくらいが適温です。まだ熱い場合は再度流水にあてて冷まします。
⑥ 赤ちゃんの口に哺乳瓶の乳首を入れてミルクを飲ませます。哺乳瓶の底を高く持ち上げ、乳首全体にミルクが入るようにしましょう。飲み終わったらゲップをさせます。

まとめ

gettyimages (163757)

ミルクは雑菌が繁殖しやすいので、作り置きはNGです。授乳時は赤ちゃんをしっかり抱っこして、優しく微笑んだり、目を見て語りかけたりしてあげましょう。


14 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧