2019年1月7日 更新

お洗濯マイスターが教える!使い込んだタオルを新品のようなふっくら感に近づける方法とは?

タオルは洗濯すればするほど乾きにくく、ふっくら感がなくなる!?使い込んだタオルを新品のようなふっくら感に近づけるハウツーWEB動画公開!

ライオン株式会社は、使い込んだタオルを新品のようなふっくら感に近づけるハウツーを教えるWEB動画「お洗濯マイスターが教える、ふっくらタオルのお洗濯術」を公開しました。

使い込んだタオルは洗濯をするほど乾きにくくなり、ふっくら感がなくなってしまいます。そんなタオルをふっくら感がうれしいタオルにする洗濯方法を洗濯のプロフェッショナルであるライオンお洗濯マイスターが解説します。

新しい年を迎える準備として、新しいタオルをおろす方も多いと思います。お洗濯マイスターが教える洗濯ハウツーをマスターし、タオルのふっくら感を長持ちさせましょう。

部屋干し派の主婦が切望!より早く乾かしたいアイテムは「タオル」

毎日の生活の中で使う機会が多いタオル。部屋干しだと干してから乾くまでに時間がかかり、ニオイも気になるということはありませんか。
 (178205)

ライオンが、普段部屋干しをしている既婚女性にアンケートを行ったところ、早く乾かしたいアイテムは、バスタオルやタオル、タオルケットなど「タオル地」のものを「より早く乾かしたい」と思っていることがわかりました。

衝撃の事実!使い込んだタオルは乾きにくい。バスタオルの利用を控える人も・・・!?

 (178209)

実は、タオルは使い込むほど乾きにくくなるという実験結果があります。それは、洗濯を繰り返すことにより、タオルのパイルが潰れて水が蒸発しにくくなったり、タオルの繊維間の結合が壊されて内部に水分が入り込んだりするためです。つまり、使えば使うほど洗濯・脱水直後の含水量が増加し、乾きにくくなるのです。

使い込んだタオルは乾きにくいだけでなく、イヤなニオイが発生することもあります。また、手触り、風合いも悪くなります。特に乾きにくく洗濯に手間がかかるバスタオルについては、その利用自体を控えてしまう人もいるようです。

お洗濯マイスターに聞いた!使い込んだタオルを新品のようなふっくら感に近づける方法とは?

ライオンでは、ひとりでも多くの方に毎日快適にタオルを使っていただくために、タオルを上手に洗濯するコツを伝授するWeb動画「お洗濯マイスターが教える、ふっくらタオルのお洗濯術」を制作しました。

お洗濯マイスターが教える、ふっくらタオルのお洗濯術!

タオルを早く乾かすポイントは、脱水直後の水分量を少なくすること!

 (178213)

お洗濯マイスターによると、タオルを早く乾かすには、「脱水直後の水分量を減らすこと」と「干し方」が重要とのこと。そのための方法をいくつかご紹介します。


=使い込んだタオルを早く乾かす3つの方法=


1.脱水時間を延長する
洗濯機の脱水時間の設定を通常より少し長くするだけでも、水分量を減らすことができます。

2.脱水直後にふりさばく
脱水後洗濯機から取り出したタオルを10回程度、パンパンッと振りさばくことでも、水分量を減らすことができます。

3.タオルの裾を揃えずにずらして干す
ずらして干すことで風通しがよくなるので、乾き上がりが早くなります。


紹介した3つの方法は、全て行わなくても大丈夫です。やりやすい方法を実践するだけで、タオルの乾燥時間は短縮できます。部屋干し派の方はぜひお試しください。
22 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報