2019年7月27日 更新

パートナーと同居する男女400人に本音を調査!シェアしたい家事ランキング

約半数の人が「正しい使い方をしない」「お手入れ・掃除をしない」パートナーにがっかり ―延長保証会社の総合家電エンジニアが、円満な同居生活の秘訣“正しい家電の使い方”を徹底解説―

延長保証制度の設計・運営を行うテックマークジャパン株式会社(以下、「テックマークジャパン」)は、全国の20代~50代の同居経験者400名を対象に、家電に関する調査を実施しました。以下、調査結果とともに、総合家電エンジニアが円満な同居生活を過ごすための“正しい家電の使い方”を解説します。
gettyimages (198957)

【調査概要】
調査名:同居するパートナーとの家電に関する調査
調査対象:全国の20〜59歳の同居経験者 合計400名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2019年4月18日~2019年4月22日

家事シェアするならコレ!パートナーとシェアしたい家事ランキング

パートナーと同居している男女が選ぶ「パートナーとシェアしたい家事」は、1位「部屋の掃除・片付け」(66.5%)2位「お風呂掃除」(56.5%)3位「ゴミ捨て」(53.0%)という結果になりました。〈表1〉

男女別で見ると、男性の1位は「部屋の掃除・片付け」(70.5%)、2位に「食器洗い」(53.0%)、お風呂掃除が3位(49.5%)に対し、女性の1位が「お風呂掃除」(63.5%)、2位が同率で「部屋の掃除・片付け」「ゴミ捨て」(62.5%)と男女の違いが明らかになりました。〈表1〉
 (198991)

家電に関することでパートナーにがっかりor不満を持った経験がある人は、なんと47.3%!

パートナーとの同居生活の中で、「家電に関することで相手にがっかりしたり、不満を持った経験がある」という人は47.3%と、約半数もの人が「経験がある」と答えました。〈表2〉
 (198994)

家電の使い方や掃除方法がパートナーとの仲に影響している!?

「家電の使い方に関することで相手にがっかりしたり、不満を持った経験がある」という人に具体的な内容を聞いたところ、「お手入れ・掃除をしない」(37.0%)、「正しい使い方をしない」(35.4%)、「使い方が乱暴・雑すぎる」(32.3%)が上位にランクインしました。日々の掃除を忘れない・丁寧に使う・説明書通りに使用するなど“正しく使い、メンテナンスを欠かさないこと”でパートナーからがっかりされることを減らせるかもしれません。〈表3〉
 (198997)

家電に関することがきっかけでパートナーと「別れたい」と考えたことがある人は23.8%!?20代男性は3人に1人が「別れたい」と回答

家電の使い方や掃除方法がきっかけで、なんと23.8%もの人が「別れたい」と考えた経験があるという結果が明らかになりました。〈表4〉中でも、20代男性は34.6%という結果となり、些細なことが積み重なると家電の使い方一つでも、別れ話になってしまう可能性があると言えそうです。〈表5〉
 (199000)

28 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧