2020年9月6日 更新

【キッズコーチング講師が解説】泣き声を気持ちを表す言葉に言い換えて、子どもの表現力を育てよう!

2歳の「イヤイヤ」には言葉で表現できない心にある気持ちがたくさん隠れています。泣き声を気持ちを表す言葉に言い換えて、子どもの表現力を育てる方法をキッズコーチング講師が解説します。

気持ちを言葉にできない。その想いが強くもどかしさから、大きな声になる

gettyimages (238725)

2歳を過ぎる頃、自己主張が強くなり“自我”が出始めると言われています。

一般的にイヤイヤ期と呼ばれるこの時期、お母さんを困らせてしまうこともあるでしょう。しかし、イヤイヤ期の訪れは心がちゃんと成長している証です。

なんでも自分でやりたがるのに、できなくて大泣きする。それも2歳児にとっては立派な自己主張なのです。このころの子どもの「イヤ」と大きな声の泣き声には、まだ言葉にはできない気持ちがたくさん隠れています。

その泣くや「イヤ」を受け止め、表縁力を身につけてあげましょう。

家でも外でも、泣く!泣く!泣く!大きな声は自分の要求を通す手段

gettyimages (238726)

いつも機嫌が良く、ぐずったり泣いたりすることが少なかったKちゃん。ところが2歳を過ぎたころから、急に大きな声で泣くようになりました。

Kちゃんが泣いたり怒ったりする顔は、お母さんはとてもかわいいと感じています。しかし、スーパーやお家で床に寝転がってジタバタ暴れる姿には、お母さんも困ってしまいます。自分の要求が通るまで大きな声で泣かれるとお母さんも根負けしてしまうこともあります。

これではKちゃんの思いどおりです。要求が通ってしまうと、泣いて勝つことが成功法になります。大声で要求を通すことを繰り返してしまうでしょう。

子どもの気持ちに寄り添い代弁し、心の声の表現方法を教えよう !

gettyimages (238727)

自分の感情を理解することや言葉で表現することは2歳児にとって難しいことです。大人でも難しいと感じますよね。まだまだ言葉が上手に話せない子どもにとっては、「イヤ!」や大きな声を出すことが最大限の表現方法になってしまいます。

そんな時はお母さんが言葉にしてあげましょう。例えば、パズルのピースを上手に合わせることができずに泣いている時は「パズルがうまくはまらないね」「できなくて悔しいね」などです。言葉にできず泣くことしかできない思いを代弁してあげます。

気持ちを表す言葉で言い換える繰り返しが、言葉で伝えることを可能にしていくでしょう。

子どもの表現力を育てるために頭の中の言葉の引き出しを増やすことが重要

gettyimages (238765)

2歳で多くの言葉が出てくると言われます。赤ちゃんの頃にたくさんの言葉のシャワー与えてあげましょう。今からでも意識して話しかける言葉を増やすことを意識してください。

特に「冷たい水」や「きれいな花」など “〜い“や“〜な“といった形容詞を使ったものがよいでしょう。形容詞には「悲しい」や「痛い」など自分のことを説明できる言葉も多いです。自分の気持ちや状況を表現する幅が拡がるでしょう。

また、お母さんの絵本の読み聞かせも効果的です。毎日の小さな積み重ねで子どもの言葉を増やしてあげましょう。 お母さんは子どもの心の代弁者です。泣き声を気持ちを表す言葉に言い換えて、子どもの表現力を育てましょう。
14 件

このまとめのキュレーター

ヒマワリちかちゃん ヒマワリちかちゃん

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧