2020年12月14日 更新

赤ちゃんと家族の“お肌をいたわる”!おすすめお風呂アイテムとうるおいケア

飲む水は気にするのに、お風呂の水は気にしなくていいの?乾燥が気になるこの時期…赤ちゃんと家族の“お肌をいたわる”おすすめお風呂アイテムとうるおいケアをご紹介します。

 (249716)

乾燥が気になるこの時期。お風呂タイムでもデリケートな赤ちゃんのお肌をいたわりたいもの。普段の生活で、飲む水はミネラルウォーターにしたり、浄水器をつけたりとこだわっているけれど、お風呂のお湯はでどうでしょうか?

水道水に含まれる塩素は、プールの消毒などにも使われており、水道水を衛生的に保つために必要なものですが、さら湯をピリピリと感じることの要因の1つとされています。湯船に1錠入れるだけで、お湯質を変える“入浴剤”なら簡単に肌にうれしいお風呂にできます。

入浴剤で水道水の塩素を除去!素肌と同じ弱酸性のやさしいお湯に。

バブ クリアタイプ

 (249717)

塩素除去剤(アミノ酸)配合で、さら湯のピリピリ感を和らげます。赤ちゃんから大人まで皆の肌をやさしく包む素肌と同じ弱酸性のいたわりのお湯質※に。無香料でお湯の色は無色透明。3つ のフリー(防腐剤フリー、アルコールフリー、パラフィンフリー)。赤ちゃんと一緒に入浴する時も使えます。
※湯ざわり

抱っこに、おんぶに…肩こり、腰痛のお悩みや、ゆっくりお風呂につかる時間がないママ・パパにも嬉しい炭酸力!

お湯にたっぷり溶け込む炭酸力が温浴効果を高めて、10分の短め入浴でも、疲労・肩こり・腰痛・冷え症に効きます。また、「あったかベール成分」※で、湯あがり後も芯までほぐれた心地よさが続きます。
※硫酸マグネシウム、硫酸ナトリウム
《Point》

《Point》

お風呂に入るタイミングは、炭酸の濃度が高くなる入浴剤が溶け切った後がおすすめ!

お風呂タイムのうるおいケア!赤ちゃんのお肌をもちもち泡でやさしく洗うコツ

お湯の温度は38度を目安に!手に泡を用意してやさしく洗いましょう。
 (249721)

●頭
指の腹でやさし~く。ツメ立て厳禁。
●顔
くるくるとらせんを細やかに描くように。
●耳のうら
耳をたおしてつけ根まできれいに。
●腕や脚のくびれ・関節
ママの手でリングをつくり回して洗う。
 (249723)

●おしり
おしりの汚れもていねいに洗う。

メリーズ ベビー全身泡ウォッシュ
 (249726)

生まれたその日から、赤ちゃんの肌に負担をかけず、きめ細かいもちもち泡でうるおい守ってやさしく洗うことができます。泡切れがよく、ぬるぬるしない洗いあがり。1本で髪もからだも洗えます。さらに、目にしみにくい処方で、無香料、無着色、低刺激、弱酸性、アルコールフリー、アレルギーテスト済み。(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)
24 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧