2022年8月17日 更新

初めてのおりがみにおすすめ!一回折りで作れるおりがみ作品まとめ

初めておりがみを折るお子さんにおすすめ!一回折りで作れる簡単なおりがみのアイデアを集めました。ぜひお子さんと楽しんでやってみてくださいね♪

gettyimages (319433)

知育要素たっぷりのおりがみ。簡単なものから難しいものまで、たくさんの種類の折り方があります。その中でも一番簡単なのが、おりがみを半分に1回だけ折って作る一回折りの方法です。一回折りのおりがみなら2歳ごろから始められるので、初めてのおりがみにぴったりです。今回は、そんな一回折りで作るおりがみのアイデアをご紹介します。ぜひお子さんとやってみてくださいね!

ぶどう

 (319437)

おりがみを三角の形に折ってぶどうを作ります。ぶどうの粒はペンやクレヨンで描いたり、丸シールを貼ったりして楽しむことができます。画用紙にぶどうのふさを描いておくと、よりぶどうらしさが引き立ちますよ。

数に興味を持ち始めたお子さんなら、ぶどうの粒の数を数えるのも面白いです。ママパパと一緒に「1、2、3」と声に出して数えてみましょう。

すいか

 (319438)

おりがみを三角に折って、種を描いたらすいかの完成です。たくさん作ってごっこ遊びにも使うことができます。種の点々は、お子さんがクレヨンなどで描くのもおすすめです。もっと本格的に作りたい場合は、皮の緑の部分を折り紙で作って貼り合わせたり、画用紙に描いたりしてみましょう。お部屋の壁に飾るのも可愛いです。

おにぎり

 (319439)

おりがみを三角に折るときに、少し端を残しておくとおにぎりの完成です。つぶつぶのご飯粒を描いてより本格的に仕上げます。三角に折った内側に、おにぎりの具の絵を描いてあげるとお子さんも大喜びしますよ。実際に小さく切った折り紙を挟み込むのもおすすめ。「何が入っているかな?」と想像しながら楽しみましょう!

サンドイッチ

 (319440)

おりがみを三角に折ってサンドイッチを作ります。三角に折った内側にレタスやトマトに見立てた紙を挟むのも楽しいですよ。もちろんペンやクレヨンで具材を描くのもおすすめです。「いただきます」とごっこ遊びにも大活躍します。すいかやぶどう、おにぎりのおりがみと合わせて楽しみましょう!
26 件

このまとめのキュレーター

masa masa

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧