2020年3月24日 更新

冷蔵庫に眠る“あまりがち食材”を使い切ろう!簡単副菜レシピ【白菜編】

お鍋や中華料理に欠かせない葉物野菜といえば、やっぱり「白菜」。お肉にも魚介にも合う定番食材ですが、一度に食べきれず、ついあまらせてしまうことも多いもの。そこで今回は、そんな白菜を美味しく活用できる副菜レシピをご紹介します。

白菜の大量消費には“塩もみ”が有効!『白菜とフルーツのあっさりサラダ』

手頃な価格で手に入る一方、1/4カットでも結構な量があるので、野菜室の片隅でずっと眠らせてしまっている…なんてことも多い「白菜」。おそらく多くのママにとって、“あまりがち食材”のベスト3に入る存在ではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのは、そんな白菜を大量消費できるサラダレシピ。ポイントは、はじめに白菜を塩もみして、余分な水分を抜いてしまうこと!カサを減らすことで、生の白菜をたっぷり美味しくいただけます。

また3月から5月頃までの、ちょうどこれからの季節にお店に並ぶ白菜は「春白菜」と呼ばれ、柔らかい葉と、ぎゅっと凝縮した甘みが持ち味。フレッシュな白菜を生のまま味わえるサラダで、ぜひ瑞々しい美味しさをお楽しみください!
 (219585)

【材料】(二人分)
・白菜…2枚
・塩…少々
・黄桃(缶)…1 切
※今回は、こちらもお菓子作りなどで“あまりがち”な「缶詰の果物」を活用!同じく缶詰の“みかん”や、生のリンゴもよく合います。果物がご自宅になければ、ニンジンやコーンを散らしても彩りが美しく仕上がります。

[A]
・オリーブオイル…大さじ1
・酢…大さじ1
・はちみつ…小さじ1
・塩…少々
【作り方】
①白菜は食べやすい大きさに切り、塩をふって軽くもみ、10分程度置く。
②①を絞って水気を切り、薄くスライスした黄桃と[A]を和えれば出来上がり!

同じく眠らせがちな「里芋」も使っちゃおう!『白菜と里芋のとろーりコンソメ煮』

白菜と並んで、同じく野菜室に眠らせてしまいがちなのが「里芋」。しっかりとした皮で覆われていて日持ちするから…と、ついつい油断しているうちに、手付かずのまま、ただ時間だけが流れてしまっていませんか?

確かに葉物野菜と比べると傷みにくい里芋ですが、せっかくなら白菜と一緒に美味しく消費してみませんか?今回は、コンソメを使った洋風煮物レシピをご紹介します。

里芋といえば、お醤油ベースの和風な煮物にするのが一般的ですが、今回のように生姜をピリリと効かせたコンソメ餡でからめるのもオススメ!ねっとり里芋と、とろーり白菜の旨味がクセになる一品です。
 (219586)

【材料】(二人分)
・里芋…大2〜3個/小4〜5個程度
・白菜…3枚程度
・スライスベーコン…2枚
・オリーブオイル…適量
・片栗粉…適量
・生姜…1片

[A]
・白ワイン(料理酒)…大さじ1
・コンソメ…小さじ1
・水…130ml
【作り方】
①里芋は熱湯で10分下茹でをし、水で冷やして皮をむく。
②里芋と白菜をそれぞれ食べやすい大きさに、ベーコンは1cm幅に切る。生姜は細切りにする。
③里芋の表面に片栗粉をまぶす。
※片栗粉をまぶしておくことで、スープと合わせたときに、とろみを程よくつけることができます。
④オリーブオイルを熱したフライパンに、②の里芋とベーコンを入れ、表面に焼き色がつくまで炒める。
⑤④に白菜と生姜、[A]を加え、10分程度中火で煮込めば出来上がり!

ビタミン・ミネラルも豊富!ヘルシーで手頃な「白菜」をもっと食卓に活用しよう

gettyimages (219608)

今回ご紹介したように、生でそのまま食べても、柔らかく煮込んでも、あっさり美味しくいただける白菜は、活用法次第で食卓を支えてくれる心強い存在。栄養面でも、カリウムやビタミンC、食物繊維などをバランスよく含んでいるので、家族みんなの健康管理にも役立ちます。

ぜひ皆さんも、「この間買った白菜、そろそろ使わなきゃ…」なんて想いが頭をよぎったら、今回ご紹介したような副菜にして、最後まで余すことなくお楽しみください!
14 件

このまとめのキュレーター

ぴよちゃんママ ぴよちゃんママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧