2020年3月18日 更新

子供の歯磨き嫌いに悩むママ必見!子供の歯磨き嫌いを克服させる5つの方法

子供に歯磨きをしようとするたびに嫌がられて、毎日お悩みのママも多いことでしょう。子供はなぜ歯磨きを嫌がるのか、その理由や歯磨き嫌いを克服させる5つの方法を紹介します。

子供はなぜ歯磨きを嫌がるの?

gettyimages (219284)

歯磨きは子供の歯を守るため、とても大事な生活習慣のひとつです。初めのうちは喜んで歯磨きをさせてくれていた子供でも、突然歯磨きを嫌がるようになってしまった子供もいるでしょう。なぜ子供は歯磨きを嫌がるのか。子供に歯磨き嫌いを克服させるため、まずはその理由を知ることから始めましょう。
歯磨きよりももっと遊んでいたい

子供が遊んでいるときに「歯磨きするよ」と声をかけた場合、まだ遊んでいたい理由から歯磨きを嫌がっている可能性があります。なぜ今歯磨きをしなければいけないのか、遊びよりも歯磨きが大事な理由を子供の気持ちになって説明してあげましょう。
歯磨き中のママが怖い

子供に歯磨きをする際、強く押さえつけてしまったりイライラしながら仕上げ磨きをしてしまったりしていませんか?子供に歯磨きをするときにそのような行為をしてしまった場合、歯磨きのときママが怖くなるというイメージがついてしまっているのかもしれません。歯磨きは楽しいものと思ってもらえるよう、ママ自身の対応を振り返ってみましょう。
歯磨きは「痛い」「怖い」と思っている

歯ブラシが口の中に入ると「痛い」と感じ、歯磨きは「怖い」と感じる子供もいます。歯ブラシが口に入ること自体が怖くなると、スムーズに口を開けてくれなくなる子供もいるため、歯磨きは「痛い」「怖い」というイメージを子供から取り除いてあげることが大切です。
口の中に歯ブラシが入るのが気持ち悪い

大人にとって歯ブラシが口の中に入るのことは当然のことだと思えますが、小さな子供にとっては未知のものです。歯ブラシが歯に当たる感触が気持ち悪いと感じる子供もいるでしょう。また、歯磨きをしている最中に唾が口の中にたまり、気持ち悪いと感じている可能性もあります。唾がたまってきたタイミングを見逃すことなく歯磨きをすることが大切です。

子供の歯磨きで気を付けるポイント

gettyimages (219286)

これから歯磨きを始める赤ちゃんでも歯磨きを嫌がっている子供でも、歯磨きをするときの環境を整える必要があります。日頃から歯磨きは嫌なものではないという印象付けが大切になってくるので、歯磨きをする際のポイントを頭に入れておきましょう。
優しく短時間に

歯磨きは「痛い」「怖い」など、マイナスのイメージがわかないよう、優しく短時間に済ますことが重要です。歯磨きをする際は優しく語りかけたり歌を歌ったりしながら、楽しい雰囲気を作るよう心がけましょう。

また、長時間の歯磨きは顎が疲れたり、唾がたまったりして子供には苦痛です。なるべく短時間で歯磨きを終わらせるようにしましょう。歯磨きはどれだけ時間をかけて磨いたではなく、歯磨きの仕方です。1本を10~20回くらい磨くイメージで磨くと短時間でもプラークを落とすことができます。
しっかり褒める

子供が自分で歯磨きができた場合や、きちんと仕上げ磨きをさせてくれた場合は、しっかり褒めてあげることが重要です。大人にとっては当たり前の歯磨きですからできて当然と思ってしまいがちですが、子供の「できた」をしっかり褒め、少し大げさに喜んであげることが大切です。歯ブラシの動かし方や口の開け方など、小さなことでもいいのでたくさん褒めてあげましょう。
体勢に気を付ける

仕上げ磨きをするとき、歯茎などに歯ブラシがぶつかって痛みを感じさせないためにも、歯磨きをする体勢に気を付けることが大切です。しっかり子供の身体を固定して仕上げ磨きをするよう、心がけましょう。仕上げ磨きの体勢に慣れるため、日頃から遊びなどの中にその体勢と取り入れた遊びをすると慣れるのも早いでしょう。
歯磨きのタイミングを考える

歯磨きをする時間は子供の機嫌のいい時間、ママの余裕のある時間などを選ぶようにしましょう。子供が眠たかったり遊びに夢中になっていたりする時間では、歯磨きを嫌がることも考えられます。また、ママの心に余裕のある時間であればイライラすることも減るでしょう。子供もママも気持ちよく歯磨きができるよう、適した歯磨きのタイミングを計ることが大切です。

29 件

このまとめのキュレーター

megu megu

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧