2019年8月28日 更新

【出産・育児情報】知って得する基礎知識「乳幼児医療費助成」

どんな制度?いくらもらえるの?自治体によって違う「乳幼児医療費助成」について、基礎知識や手続きの流れを紹介します。

病気しがちな乳幼児期に医療費の負担をサポートしてくれる「乳幼児医療費助成」

方法や対象期間などは自治体によってさまざまですが、どの自治体でも助成は行っています。子育て中の経済的負担を軽減してくれる意味でも、仕組みをしっかりと知っておくのがおすすめです。
そこで今回は「乳幼児医療費助成」について、基礎知識や手続きの流れを紹介します。

「乳幼児医療費助成」基礎知識

「乳幼児医療費助成」ってどんな制度なの?

thinkstock (110866)

「乳幼児医療費助成」は、乳幼児が医療機関で診察・治療を受けたときに、その費用の一部または全額を自治体が負担してくれる制度です。

助成方法には、健康保険証と乳幼児医療証を提示すればその場で助成を受けられるケースと、窓口で一旦全額を支払って、後日領収書とともに申請書を市区町村の役所に提出し、返還してもらうケースなどがあります。
対象年齢も自治体ごとに異なります。助成方法や対象年齢はお住まいの自治体に確認しましょう。

もらえる人は?いくらもらえるの?

gettyimages (110962)

助成を受けるには、国民健康保険や会社の健康保険など、いずれかの健康保険に加入していることが条件となります。
助成額については、かかった医療費の全額を助成してくれる自治体もあれば、1回につき○○円など決められた一定額を引いた差額分を助成してくれる自治体など、いろいろです。
また、所得制限を設けているケースもあります。各自治体へ最新の情報を確認するようにしましょう。

申請する時期は?

gettyimages (110945)

生後すぐに病気をした場合でも援助してもらえるよう、生まれたらなるべく早めに加入させ、住んでいる市区町村の役所に手続きをしましょう。尚、休職中のママで、パパとママの健康保険が別々の場合は、各種給付や手当の条件が良い健康保険の被扶養者にします。
21 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧