2019年9月3日 更新

夏場のゴミの不快臭軽減!今日からできるライフハック7選

じめじめした梅雨、そしてこれからの夏場…生ゴミや使用済みオムツの特に臭いが気になる季節です。ゴミの不快臭軽減に役立つアイデアを7つ紹介します。

thinkstock (107187)

魅力や楽しみも多い夏ですが、ゴミの臭いが特に気になる季節であるのもまた事実…。そんな夏を快適に過ごすために、今からできる家庭ゴミの不快臭を軽減する方法をまとめました。参考にしてください。

1.生ゴミは水分を減らしてからゴミ箱へ!

thinkstock (107182)

生ゴミがに臭う原因は、素材そのものの臭いもありますが、繁殖した雑菌によって強烈な不快臭に…!生ゴミの水分はできるだけ切ってから、ゴミ箱に入れるようにしましょう。新聞紙に包んだりポリ袋に密封するとなお◎です。

また、生ゴミ以外(ペットボトル、ゼリーカップ等プラスチックゴミ等)もできるだけきれいにして水分を切ってからゴミ箱に入れることで、菌の繁殖と臭いを防ぐことができます。

2.オムツはこまめにポリ袋で密封してゴミ箱へ!

thinkstock (107183)

オムツは2~3回交換するごとに、できれば1回ずつ、ポリ袋等に密封して破棄をすることで臭いを抑えることができます。専用のゴミ箱を購入するのも手ですが、コストや置き場所の問題が気になる際にまずはお手軽なこちらの方法を試してみてくださいね。また、できる限り便は取り除いて(トイレに流して)から包むようにしてください。

どうしてもにおいがこもりがちであったり、外出や帰省先等で日頃より慎重なにおい対策が必要な場合には、以下のような消臭袋もおすすめです。

3.ゴミ箱は蓋が密閉タイプのものorベランダ置きに!

thinkstock (107181)

台所やオムツを捨てる等、臭いが特に気になるゴミ箱は、蓋がパチッと都度密閉できるタイプのものを選ぶことで、蓋を閉じている間の臭い漏れを防ぐことができます。他の方法と組み合わせるとなお効果アップです。

また、可能であればゴミ箱をベランダ等に置いておき、こまめに室内のゴミをそちらへ移動するのも、室内の不快臭軽減のための一つの手!ただし、温度が上がりやすい等のデメリットもありますので、必ず蓋付き(風や虫・鳥獣対策)にするとともに、夏場は特に他の虫対策グッズも併用しておいた方が良いですね。

4.生ゴミには重曹を振りかけて!

thinkstock (107184)

100円ショップやドラッグストア等でも購入できるパウダータイプの重曹は、生ゴミの水分を吸収してくれるとともに、不快臭を中和してくれるはたらきをしてくれます。ゴミ箱はもちろん、台所シンクの清掃等、なにかと重宝するアイテムです。
29 件

このまとめのキュレーター

piyoco piyoco

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧