2020年10月10日 更新

ニューノーマルな旅にも活用できる新しい旅行スタイル「バケーションレンタル」について意識調査を実施!

プライベート空間でニューノーマルな生活にあう旅行スタイルを!9割以上がコロナ対策を気にするという事実も明らかに

世界の大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディア(https://www.expedia.co.jp)が、ニューノーマルな旅にも活用できる新しい旅行スタイル「バケーションレンタル」に関する意識調査を実施しました。
gettyimages (242633)

「バケーションレンタル」を「知っている」人はわずか20%未満。しかし「興味あり」は半数近くにも!

「バケーションレンタル」とは「一棟貸しの一軒家」や「コンドミニアム/アパート」に宿泊するタイプの旅行で、欧米を中心に一般的な旅のスタイルとなってきています。しかし、今回の調査において「バケーションレンタル」という言葉を「知っている」という回答は20%未満であったことから、まだまだ日本では認知されていない様子が伺えます。
 (242610)

しかし、意味を説明したうえで「バケーションレンタル」に興味があるか聞いたところ、半数近くが「ある」と回答しました。「バケーションレンタル」という言葉の認知はまだ低いものの、より認知が広がれば、このような旅行スタイルも日本で広まるのではないかと考えられます。
 (242611)

「バケーションレンタル」はWithコロナ時代に合う新しい旅行スタイル

引き続き新型コロナウイルスの感染に注意した行動が求められており、Withコロナに合った旅行スタイルを望む方も多くいるかと思います。そのような中、「バケーションレンタル」では、日本においてもさまざまな宿泊施設タイプからご希望に応じて選択することが可能です。

例えば、一軒家やヴィラ、コテージであれば、家族や友人だけで滞在ができるので、他の宿泊者との接触を避け、特別な時間を楽しむことができます。また、仕事や体調の関係で家族と距離をとったり、少ない人数で快適に過ごしたいと考えている場合には、ホテルよりも安く宿泊することができるアパートなどがいいかもしれません。

調査によると、「バケーションレンタル」の施設で興味があるものを聞いたところ、上位3つは「コンドミニアム/アパート」(64%)、「コテージ」(59%)、「一軒家」(53%)となりました。
 (242615)

※「バケーションレンタル」に興味が「ある」と回答した人が対象/複数回答
「バケーションレンタル」には、リゾートで快適な滞在に適した施設から、都心部からアクセスのよい立地にある施設まで、さまざまな宿泊施設があるため、Withコロナ時代にもおすすめしたい新しい旅行スタイルです。

90%以上が宿泊施設のコロナ対策を気にしていることが明らかに

調査では、多くの人々が旅行中に感染をしないように配慮していることも明らかになりました。宿泊施設を利用する際、宿泊先の感染対策を「気にする」「どちらかと言えば気にする」と回答した人は90%以上にものぼりました。
 (242620)

27 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧