2019年8月31日 更新

ブームの予感?『夜ヨーグルト』で寝ながら腸活

ダイエット、アンチエイジング、美肌などをスムーズに叶えてしまおうというのが『夜ヨーグルト』のメソッド♪

えっ、朝からカレー? 夜なのにヨーグルト?

コラム「ブームの予感?『夜ヨーグルト』で寝ながら腸活」 | EPARKリラク&エステ (16170)

米・大リーグ、マーリンズのイチロー選手が、数年前まで毎朝カレーを食べていたという話は有名だ。これが朝カレーブームを呼び、ハウス食品からは『めざめるカラダ 朝カレー』なる製品まで登場した。
朝マック、朝シャン、朝ラーメン、ワンダ モーニングショット、午後の紅茶、夜トマト、夜のお菓子……。ヒットの裏に“時間セグメント”あり。

そこで今、ブームの兆しを見せているのが『夜ヨーグルト』だ。
すっかり朝のイメージが定着しているヨーグルトをあえて夜食べる。そこにどんなミラクルが隠れているのだろうか?

腸の“ゴールデンタイム”は夜10時から翌日2時

乳酸菌をはじめとする善玉菌がもたらす「整腸作用」で知られるヨーグルト。
実は腸を整えるのはすごく大切で、私たちが摂った栄養分は腸で消化・吸収され、血液を通して全身に運ばれる。
つまり、腸内環境が悪いと汚れた血液が全身に巡り、吹き出物やくすみ、便秘、イライラ、免疫力や代謝の低下、老化など、あらゆる現象の引き金となってしまうのだ。

そこで『夜ヨーグルト』である。
もちろん朝や昼にヨーグルトを食べてもいいのだが、夜の摂取はより吸収が高まるという。

私たちのカラダは、朝は「排泄」、昼は「消化&栄養補給」、夜は「吸収」というリズムをもち、とりわけ腸の働きが最も活発になる夜10時から翌日2時は、腸の“ゴールデンタイム”といわれているのだ。
このタイミングに合わせてヨーグルトを食べることで効率的に腸内環境を整え、ダイエット、アンチエイジング、美肌などをスムーズに叶えてしまおうというのが『夜ヨーグルト』のメソッドである。
7 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧