2018年10月4日 更新

外国人風カラーやアッシュグレーなどをオーダーする時大切にしてほしいこと

黒髪・暗めの髪色の方がヘアカラーのオーダーをする時のポイントとは

こんにちは。大阪で日々外国人風カラーを染めまくっている美容師の本田晋一と申します。
さて本日はそんなお客様に参考になる成りたいヘアカラーのオーダーについてです!

黒髪又は暗めの髪色の方がヘアカラーのオーダーをする時のポイント

良くあるお悩み相談に

「アッシュにしたいとオーダーしたけど思った通りにならなかった」
「アッシュグレーにならなかった」
「透明感のあるカラーにならなかった」

というご相談があります。
 (169412)

こんな感じや
 (169414)

こんな感じなどの圧倒的アッシュグレーなどのヘアカラーは特に人気です。

こういったヘアカラーをご希望されるお客様もすごく多いのですがこういったヘアカラーにされる場合にはかなり条件が必要です。

圧倒的に土台が全て

こういったハイクオリティーなヘアカラーは色味を入れる前の土台が全てです。

毛先をブルーがかったアッシュグレーにする場合には
 (169418)

最低でもこれくらいの土台が必要になります。

1度のブリーチでは作れない場合が多い

ブリーチって明るくするものですが、もし1度もヘアカラーをされたことない方は
 (169422)

これくらいからのスタートであれば1度の土台づくりでは土台は完成しません。黒髪や黒に近い茶色の方は1度のブリーチではオレンジ味が消えないからです。

ではもう一度ブリーチすれば土台は作れるのか?

答えは否です。

ブリーチするだけでは髪の赤味や嫌な黄色味はとれないんです。

もしできる髪の毛があるとすれば【軟毛・細毛】この方のみです。
あとの方は一回のヘアカラーでは土台は作れないのです。
30 件

このまとめのキュレーター

元気ママ編集部 元気ママ編集部

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧