2021年10月15日 更新

【おうち美容時間】ナチュラル派のママは知っている!?ヘナでツヤツヤ白髪染め

まだまだ続く、おうち時間。髪にツヤ・コシが出るとナチュラル派ママから人気の白髪染め「ヘナカラー」!その使い方とメリット・デメリットをご紹介します。

ヘナカラーとは?

gettyimages (283947)

ヘナカラーとは、ヘナの葉(ミソハギ科/シコウカ)を乾燥させて粉末にしたもので髪を染めること。昔から爪や髪を染めるのに使用され、クレオパトラもヘナ染めを楽しんでいたという逸話もあります。

乾燥させたヘナの粉末単体で白髪を染めると、オレンジ色に発色します。ヘナにインディゴという藍色の植物を配合することで、ブラウン系の色に発色します。

ヘナカラーは一般的なカラーリングと違い、脱色して毛染めをするのではなく、色を上にのせていくことで、髪の色を変えていきます。その為、白髪部分の方が黒髪部分より色が出やすくなります。白い画用紙に絵具で色をのせていくイメージです。

妊娠中でもヘナカラーは出来る?

自然派の毛染めといっても、妊娠中の使用は安定期に入るまでは控え、安定期に入って以降も主治医に相談の上、体調が良い時の使用がおすすめです。

ヘナカラーのメリット・デメリット

gettyimages (283948)

■メリット
・植物性なので地肌についても安心
・髪が傷みにくい
・ツヤ・コシが出る
■デメリット
・時間がかかる
・イグサのような匂いがあり、好みが分かれる
・染めたては、髪がバサバサする
・カラーバリエーションが少ない
ヘナカラーは髪全体を明るくするものではないので、白髪染めをしながらお洒落なカラーリングも楽しみたいという方には向いていないかもしれません。地肌に優しく、髪を傷めたくない、髪にツヤ・コシを出したいという方に向いています。ヘナカラーをする際は、必ずメリット・デメリットがあることを理解してからの使用をおすすめします。

ヘナカラーの染め方

gettyimages (283953)

■用意するもの
・ヘナ
・ぬるま湯
・ボウル
・泡だて器
・ハケ
・タオル
・手袋
・ケープ
・シャワーキャップ
・ラップ
・新聞紙等(床に敷くもの)

■染め方
①ヘナにぬるま湯を少しずつ加え、マヨネーズ位の柔らかさになるまで混ぜます
②髪の生え際を出していき、白髪部分にヘナを塗布します
③髪全体にヘナを塗布します
④全体をラップで巻きます
⑤シャワーキャップを被ります
⑥説明書記載の必要時間、置きます
⑦洗い流します
⑧ドライヤーで乾かします


ヘナの毛染めには1時間以上かかるものが多いので、毛染めをする時は体を冷やさないよう適度な室温の下で行いましょう。また、ヘナは冷えると染まりが悪くなることもありますので注意しましょう。
23 件

このまとめのキュレーター

yuki yuki

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧