2016年11月18日 更新

【専門家アドバイス】オムツかぶれについて

育児上で早期対処しなかった為後悔したことはありましたか?オムツに覆われた皮膚、お尻等に起きる炎症がオムツかぶれ。予防方法をアドバイス!

10,492 view お気に入り追加 2

育児で早期発見しなかったため、後悔したことはありましたか?

 (19534)

当プロジェクトが、3歳以下の子どもを持つママ1000人にアンケートを実施。

育児で早期発見しなかったため、後悔したことはありましたか?
 (10473)

注目したのは「お肌のかぶれ」。

その内容は、「オムツかぶれがひどかった」「紙おむつで腰のあたりまで赤くかぶれた」など
 (10474)

オムツかぶれは、ママにとって大きな悩みのようです。

オムツかぶれとは?

今回、この悩みにアドバイスしてくれたのは、ベビー用品総合メーカー、コンビネクスト株式会社。
 (10476)

長年赤ちゃんを見届けて培ってきた「赤ちゃん工学」を活用し、本当にいいものだけを作り続けている企業です。
オムツかぶれとは、オムツに覆われた皮膚に起きた炎症で、お尻全体が赤くなったり、あせものような湿疹としてあらわれるといいます。
 (10478)

また、ウエストや太もものまわりの、オムツカバーや紙おむつのギャザーがあたる部分の皮膚炎も、オムツかぶれといわれています。その炎症は、かゆみや痛みがあり、悪化してしまうと、ただれたり血がにじむ赤ちゃんもいます。
かぶれの主な原因は、「不清潔」「オムツを替えない」などといわれ、お尻を拭くと痛がって泣く、入浴中、お尻にお湯をかけると激しく泣く、オムツをはずすと、かゆがってお尻に手をやる・・・など
 (10481)

このような現象は、オムツかぶれの起こり始めです。

また、中にはカンジタというカビが原因でかぶれが起きた場合、清潔にしても治りにくく病院に行くことをお薦めします。

オムツかぶれの予防法

32 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報