2021年5月12日 更新

日頃の感謝の気持ちを込めて♡お子さんと一緒に贈りたい「父の日」お花のギフトまとめ

6月の第3日曜日は「父の日」。今年は何を贈ろうかな?と悩んでいる方向けに、「父の日」の由来やおすすめのフラワーギフトについてまとめてみました。ぜひ、お子さんと一緒に選んでみてくださいね!

gettyimages (264199)

毎年6月の第三日曜日は「父の日」です。ご主人やお父さん・お義父さんへ、お酒やグルメなどの豊富な贈り物の中から毎年悩んで選び、好きなものなどを考えて送られているのではないでしょうか?

実は「母の日」のカーネーションと同様に「父の日」にもお花がある事をご存じでしょうか?

そこで今回は、「父の日」に贈りたいお花のギフトをまとめてみました!お花だけでも良し、他のギフトやメッセージカードを添えても良し。お花ならお子さんとも一緒に楽しみながら選べそうですよね。

もしかしたら、お花にあまり興味のない方もいらっしゃるかもしれませんが、貰ってみると案外嬉しいものですよ。お子さんが選んでくれたとなると、パパもまた微笑ましく思ってくれることでしょう。

おうち時間が増えた今、お部屋の中にお花を飾るだけでもお家の雰囲気が明るく変わるのでオススメです。ぜひ今年のプレゼントの選択肢の一つとして参考にしてみて下さいね!

「父の日」の由来は?

gettyimages (264245)

日本に「父の日」が入ってきたのは1950年代頃だと言われています。定着し始めたのが1980年代。6月になると、「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」など、著名な方たちが選ばれている場面もニュースなどで目にする事が増えますよね。

昨年の「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」は渋谷区長の長谷部健さん、俳優の藤木直人さん、ラグビー日本代表の田中史朗さんが選ばれ話題になりました。「父の日」が広く認知されている証拠ですよね。

毎年「父の日」をお祝いしているママも多いのではないでしょうか?それでも中には、5月にある「母の日」が終わるとついうっかり忘れてしまう…なんて方もいるかもしれません。せっかくの機会ですので、日頃の感謝の想いを込めてお祝いしましょう!

「父の日」のお花は何?

gettyimages (264200)

日本では黄色のバラやひまわりを贈るのが一般的ですが、父の日発祥のアメリカでは、必ずしも黄色のバラが定番ではないとのこと。この事実には筆者も驚きました。ただ、黄色の持つ意味やイメージから家族からの愛を感じたり、お互いに元気になれそうで、とても素敵ですよね。

ビタミンカラーのバラ

定番の父の日の花ギフトといえば「バラ」。華やかな黄色やオレンジのビタミンカラーのバラにパパも思わず笑顔になれそうですね。

父の日フラワーギフト ミニバラ|フロレアルOnlineShop東京・銀座

3,580
幸せを呼ぶといわれる黄色いバラ。愛らしい咲き姿にきっと疲れも癒されるはず。感謝を込めて、お父さんに!

父の日ギフト 黄色いバラのブーケ |フロレアルOnlineShop東京・銀座

6,900
家族の愛情や尊敬を表す黄色をバラの花束に込めて…特別な父の日の花贈りにご提案いたします。
27 件

このまとめのキュレーター

レオママ レオママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧