2019年8月28日 更新

見直してみよう!妊娠中の食事と栄養「減塩のコツ」

今までは食事や栄養のことを考えたことがなかった人も、妊娠を機に見直してみませんか?妊娠中の食事と栄養についてご紹介します。

thinkstock (134244)

妊婦さんが、安全で栄養バランスのいい食事をするかどうかは、そのまま赤ちゃんの健康にも関わります。今までは食事や栄養のことを考えたことがなかった人も、妊娠を機に見直してみませんか?今回は「減塩のコツ」をご紹介します。


▼「カロリーダウンのコツ」はこちら

妊娠中の食事と栄養「減塩のコツ」

減塩醤油を利用する
thinkstock (134250)

減塩醤油や減塩味噌なども、今は美味しくなっています。低塩分の調味料を利用すると、調理段階で塩分がグッと下がります。日頃から薄味になれておくことも大切です。
だしをしっかりとる
thinkstock (134255)

煮干しやだしパックなどを利用して、しっかりだしをとれば、濃い味付けにしなくても美味しく食べることができます。顆粒や液体のだしは、化学調味料や塩分が多いので、妊娠中はできるだけ天然のだしがおすすめです。


麺の汁は残す
thinkstock (134258)

ラーメンやそば、うどんなどの汁は、塩分がたっぷり!特に減塩を心がけたい妊娠中は、汁は残しましょう。ざるそばやつけ麺のつゆなども意外と塩分があるので、食べる時はできるだけ少量だけをつけて食べるようにしましょう。
ゆで野菜は食べる直前に味つけする
thinkstock (134261)

温野菜のサラダやお浸しなどは、塩もみなどで下処理をすると、そこでグンっと塩分が上がってしまいます。下処理をせず、食べる直前にドレッシングや醤油をかければ、少量で十分に味がつきます。
23 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧