2020年6月25日 更新

知らなきゃ損!?お得なキャッシュレス決済とマイナポイントに関する意識調査

“キャッシュレス決済”約9割が今後も利用“!マイナポイント”については「知らない」が約4割。調査結果とともに「マイナポイント」とは一体何なのか、専門家の話もあわせてご紹介します。

お金の不安を解消するための様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジーは、10代から60代の男女551名を対象に「キャッシュレス決済とマイナポイント」に関する意識調査を実施しました。
gettyimages (231626)

調査の結果、キャッシュレス・消費者還元事業が開始された2019年10月以降にキャッシュレス決済を利用する頻度が「増えた」と実感している人は約6割いることがわかりました。また、実際に利用してみて便利だったため「今後も継続して利用しよう」と考えている人も多いようです。

一方で、今年7月から申込が開始する予定の「マイナポイント」については、約4割の人が「全く知らない」と回答する結果となりました。

今回は、調査の結果とともに「マイナポイント」とは一体何なのか、専門家の話もあわせてご紹介します。
■調査概要
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:全国にお住まいの10代~60代の男女
調査期間:2020年5月28日~29日
調査エリア:全国
サンプル数:551名

消費者還元事業開始後、約6割がキャッシュレス決済の利用頻度「増えた」と実感!

キャッシュレス・消費者還元事業が始まった2019年10月以降のキャッシュレス決済について、「利用する頻度は増えたと感じますか」という質問をしたところ、「とても増えたと感じる」「増えたと感じる」があわせて60.6%という結果となりました。

一方、「全く増えていない」と回答した人はわずか3.1%となり、「増えていない」と感じている人が少ないことがわかりました。
 (231593)

今回の調査に回答した多くの方は、キャッシュレス・消費者還元事業が始まった2019年10月以降、キャッシュレス決済の利用は「増えている」と感じているようです。

キャッシュレス決済の利用が増えた理由「使えるお店が増えたため」が最多の71.0%

続いて「キャッシュレス決済の利用頻度が増えた理由は何だと思いますか」と質問をしたところ、「キャッシュレス決済を使えるお店が増えたため」が71.0%と1番多い結果となりました。次いで「キャンペーンによるポイント獲得のため」57.8%「スムーズに決済を行えるため」48.5%という結果になりました。
 (231597)

還元期間終了後もキャッシュレス決済を「使っていく」約9割

キャッシュレス・消費者還元事業の還元期間が終了し、国からのポイント還元が終わる今年7月以降「今後もキャッシュレス決済を積極的に使っていきますか」と質問したところ、「積極的に使っていく」52.4%、「頻度は落ちるが使っていく」37.4%という結果になりました。
一方、「還元事業後は使わない」と回答した人は、1番少なく4.2%でした。使う頻度には変化がありますが、今後もキャッシュレス決済を「使っていく」と回答した人は、約9割にのぼる結果となりました。
 (231600)

33 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧