2019年8月30日 更新

バランスよく食べることが大切!快適なダイエットのための食事のポイント

痩せたいから…といって食事量を減らして運動をすればいいというものではありません。快適なダイエットのための食事のポイントをご紹介します。

thinkstock (156296)

肌の露出も増えるこれからの時期。体形を気にしてダイエットを始める方も多いのではないでしょうか?痩せたいから…といって食事量を減らして運動をすればいいというものではありません。

バランスよく食べて、運動で太りにくい体にすることがダイエットの基本です。そこで今回は、快適なダイエットのための食事のポイントをご紹介します。

快適なダイエットのための食事のポイント

1. カロリーコントロールのポイント

gettyimages (156300)

・1週間の食事をチェック
まずは食事の量やバランスを知ることが大切です。1週間の食事を記録して何をとり過ぎて、何が不足しているかを把握し、トータルで食事バランスが良くなるように食べ物を選びながら食事をしましょう。

・朝と昼多め、夜は少なめに
活動する日中はエネルギーを消費しますが、活動量の減る夜は栄養を吸収しやすく、脂肪がつきやすいので、食事量を少なめにしましょう。

2. 炭水化物のとり方ポイント

thinkstock (156304)

・雑穀米や雑穀パンに変える
主食を雑穀米や雑穀パンにすることで、よく噛むようになり満腹感を得やすいので、食べ過ぎを防ぎます。また、不足しがちなビタミンやミネラルの補給にも役立ちます。

・ビタミンB1、ビタミンB2と一緒にとる
糖質を効率よくエネルギーに変えてくれるのがビタミンB1とビタミンB2です。炭水化物をとるときは、これらが多く含まれる豚肉、大豆製品、にんにく、にら、たまご、牛乳などと一緒にとるようにしましょう。

3. たんぱく質&脂質のとり方ポイント

thinkstock (156317)

・高たんぱく、低カロリーの食材を選ぶ
肉や魚などのたんぱく質は、基礎代謝に必要な筋肉の維持に欠かせない栄養素です。食材によっては脂肪分も多く含まれるので、上手に選ぶことが大切です。

・見える脂肪から減らす
バター、マーガリン、肉の脂身など、見える脂肪はできるだけ減らしましょう。また、調理時に使う油は1日大さじ2を目安に。

まとめ

thinkstock (156324)

いかがでしたでしょうか?一日三食、一汁三菜(ご飯、汁物、主菜1品、副菜2品)、腹八分目を心がけるなど、太りにくい食べ方のポイントを意識しながら、快適なダイエットをしましょう。


16 件

このまとめのキュレーター

ひまわり ひまわり

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧