2022年10月20日 更新

自分に合うスキンケアの見つけ方はある?スキンケアの種類と選び方のポイントをご紹介

自分に合うスキンケアを探しているけど、ゆっくりとスキンケアを選ぶ時間がないママへ。今回は、スキンケアの選び方のポイントをご紹介します!

「スキンケアがお肌に合わなくなってきた...」「お肌悩みが増えた...」といった理由からスキンケアを変えたくなる時ってありますよね。

しかし、育児・家事・仕事に大忙しなママには、スキンケアをゆっくりと選ぶ時間はないかもしれません。今回は、スキンケアにはどんな種類があるのか?とあわせてスキンケアの選び方のポイントをご紹介します。

スキンケアにはどんな種類がある?

gettyimages (326221)

近年、スキンケアには色々な種類があり、一般的なスキンケアの他にも、ドクターズスキンケア、ナチュラルスキンケア、オーガニックスキンケア、ヴィーガンスキンケアといったような様々な種類のスキンケアがあります。
沢山ありすぎて「どれが自分のお肌に合うのだろう...?」と迷ってしまう方もいるでしょう。それぞれ、どのような特徴や違いがあるのかをご紹介します。

一般的なスキンケア

「お肌の乾燥を防ぐ」「お肌にハリをあたえる」など、肌悩みにアプローチする成分を使用して作られたスキンケアです。

化粧品の開発・製造技術はどんどん進化しており、最新技術を使ったスキンケアは肌悩みの改善が期待出来るものも数多くあります。
選ぶ時の注意点としては、「スキンケアが全ての方のお肌に合うわけではない」という点です。そのため、数多くあるスキンケアの中からどれが自分のお肌に合うのか選ぶのが難しいといった悩みもあります。

ドクターズスキンケア

医師や医療機関が開発・監修をして作られたスキンケアです。

皮膚科医や、マタニティ用品・ベビー用品では産婦人科医・小児科医が開発や監修に携わっているスキンケアなので、使用する側からすると信頼感と安心感があります。
選ぶ時の注意点としては、ドクターズコスメは化粧品なので、医療品のように効果が認められているものでは無い点を理解した上で使用する必要があります。

ナチュラルスキンケア

天然成分・自然由来成分を原料として使用し、化学合成成分・石油由来成分を極力使わずに作られたスキンケアです。

選ぶ時の注意点は、ナチュラルスキンケアに明確な定義はないので、「ナチュラル」という表記があるからといって自然由来の原材料だけで作られているとは限りません。中には、化学合成成分・石油由来の成分が使われている可能性もありますので、成分表記を確認するようにしましょう。

オーガニックスキンケア

オーガニック植物成分が積極的に使用されているスキンケアで、オーガニック植物の生命力でお肌本来が持っている自然治癒力を引き出すことを目的としたスキンケアです。

選ぶ時の注意点としては、オーガニックスキンケアだから安心ということではなく、原材料となる植物に対してアレルギーがあると、肌荒れを引き起こしやすくなるとも言われています。
また、オーガニックスキンケアにも明確な定義が無いので、オーガニックという表記があるからといって自然由来の原材料だけで作られているとは限りません。

ヴィーガンスキンケア

動物由来原料不使用のスキンケアです。製造段階で動物実験が行われていないのも特徴です。
動物実験が行われていないことから、人が使用しても安心なスキンケアと言われています。

忙しいママでも簡単!スキンケアの選び方の5つのポイントをご紹介

gettyimages (326223)

スキンケアは決して安いものではないので、買ってから後悔はしたくないですよね。
沢山の種類のスキンケアから、自分のお肌に合うスキンケアの選び方「ポイントを5つ」ご紹介します。

①スキンケアの種類で選ぶ

先ほどご紹介した、一般的なスキンケア・ドクターズスキンケア・ナチュラルスキンケア・オーガニックスキンケア・ヴィーガンスキンケアの中から、使ってみたいスキンケアを選ぶ方法です。
スキンケアブランドの「開発コンセプト」に共感出来るものを選ぶと良いでしょう。

②肌質+現在のお肌状態で選ぶ

肌質は、普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌・敏感肌の5種類に分けられます。

自分の肌質に合わせたスキンケアを選ぶことは、お肌を健康にする為には欠かせません。
加えて、季節の変化・睡眠不足・ストレス・ホルモンバランスの変化などによってお肌の状態は変化することがあります。
その時の肌状態の確認もあわせて行い、自分のお肌に合った使用感のスキンケアを選びましょう。

③肌悩みで選ぶ

「シミ」「シワ」など、肌悩みに対応しているスキンケアを選ぶ方法です。お肌悩みが特に無ければ、メーカー推奨の年代に応じたスキンケアを選ぶのもおすすめです。その理由としては、一般的にその年代に起こりやすい肌トラブルに対応しているスキンケアと言えるからです。

④ライフスタイルで選ぶ

普段の生活環境で起こりやすい肌悩みからスキンケアを選ぶ方法です。

例えば、お子さんと外遊びが多いようなら「紫外線ダメージケアのスキンケア」にする、オフィスで働いていて空調によるお肌の乾燥が気になるようなら「保湿タイプのスキンケア」にするといった選び方です。

⑤価格で選ぶ

スキンケアは1本使用しただけでは、自分のお肌に合うか判断がしにくいと言われています。自分のお肌に合うスキンケアなのか見極める為にも、継続して使える金額のスキンケアを選ぶと良いでしょう。
33 件

このまとめのキュレーター

yuki yuki

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧