2019年8月29日 更新

赤ちゃんとのお出かけを親子で快適に!【当日に心がけたいこと編】

いよいよ赤ちゃんとちょっと遠くまでお出かけ♪いつもと違う環境に興奮しっぱなしとなると、その後体調を崩してしまう可能性も…?ママも楽しく、赤ちゃんも安心なお出かけにするために心がけたいことのまとめです。

thinkstock (96109)

以前お伝えした【計画・準備編】と併せて、GWの予定が赤ちゃんにとって快適なお出かけとなるよう、参考にしてくださいね。

移動はこまめな休憩・気分転換も取り入れよう!

gettyimages (96249)

【計画・準備編】でもお伝えしたとおり、GW等には交通網の渋滞や大混雑が起こりがちですね。そうでなくとも、チャイルドシートや抱っこ等、固定されて同じ体勢を長時間保たなければならない状況は、赤ちゃんにとても負担が大きいです。

移動距離が長い場合や渋滞が起こっている場合には、SA・PAでこまめに休憩をしたり、一般道でも時々休憩スポット(お店など)に立ち寄る等をし、オムツの交換や授乳、気分転換などを心がけてあげましょう。

また、元々移動時間が長くなることがわかっている特急列車や新幹線では、停車駅ではしばらくドアの前で外気にあたったりするだけでも、赤ちゃんの気分転換につながります。また、対面抱っこ・前向き抱っこ・膝枕等、可能であれば時々体勢を変えてあげたり、音の出ないおもちゃで気分を紛らわせてあげるのも良いですね。席で赤ちゃんが泣いてしまった場合にはデッキであやしたり、あまりに興奮をしている場合は予定をずらして途中下車をしたり…。

私自身(実家が遠方)もかなり電車移動での苦労はあったので…長期休暇の遠出は実体験からもあまりおすすめではないですが、その日しかない、その日に行くと決めた以上、普段以上の時間的ゆとりと精神的ゆとりを持って、移動を乗り切ってくださいね!

乗車直前に、駅のベビー室でオムツ替えと授乳を済ませておくと、赤ちゃんも少し落ち着くと思います!また、電車にも授乳等に使える多目的室がある場合もありますよ!

赤ちゃんのリズムを大切に!大人はそれに合わせて楽しもう!

thinkstock (96117)

楽しみなお出かけですが、早く現地につきたいからと赤ちゃんを早朝に起こしてしまったり、お昼寝時間を一切考慮しない計画での行楽は、少し考え物です。事前に組んだ予定も、当日の赤ちゃんの様子を見ながら、休憩を多目にとったり、あまりに暑い・寒い・騒がしい等赤ちゃんに不向きな場所はやめておく等、臨機応変な予定変更も、赤ちゃんのストレスを減らし健康を守るために大切かもしれませんね。

環境の変化にびっくりしてたくさん泣いたり外気に長く触れていると、いつも以上に喉が乾いたり疲れてしまうことも。このような例からも、赤ちゃんの授乳やねんねのリズムは、いつもより間隔が短くなったり乱れてしまうこともあります。赤ちゃんのリズムを優先しながら、大人も楽しんでみてくださいね。

予定通りに行かなくても、すべては大切な思い出に!

gettyimages (96247)

赤ちゃんを連れてのお出かけ、特に旅行など移動やパパ・ママ自身も手探りの行動が多いお出かけのシーンでは、予定通りに行かないこともきっと多々あるでしょう。

ランチを予定していたお店が子連れで入りにくい雰囲気であったり、アツアツの料理が提供された瞬間にオムツやかまってのアピールが始まったり、赤ちゃんに見せてあげようと思っていたアニマルスポットに着いた瞬間に赤ちゃんが寝てしまったり…。

その時々で「あぁ…」と思ってしまう場面も多いかもしれません。しかし、写真を見ながら思い出話をする頃には、「こんなことあったなぁ」「今はもうこのお店に連れていけそうだなぁ」等、ご夫婦で、そして子どもと一緒に懐かしみ成長を感じることができることでしょう。

はじめから予定が乱れることも視野に入れつつ、「家族での初めての遠出」「0歳の我が子との思い出づくり」等、夫婦二人旅とはまた違ったエピソードがたくさん残るすてきな思い出づくりを楽しんでみてくださいね!
14 件

このまとめのキュレーター

piyoco piyoco

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧