2021年12月29日 更新

歴史好きなお子さんにおすすめ♪小学生でも役立つ「ボカロで覚える 中学歴史」がすごい!

歴史が好きなお子さんにおすすめの、「ボカロで覚える 中学歴史」。実際に使ってみた感想も載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

「ボカロで覚える 中学歴史」とは?

ボカロで覚える 中学歴史|学研プラス

1,760
史上初!PV映像付きボーカロイド曲で覚える参考書。中学歴史の重要項目が歌詞や映像にちりばめられた曲で、楽しく勉強できる。歌とセットになった本誌で、さらに分かりやすく解説。人気曲「千本桜」「脳漿炸裂ガール」の歴史バージョンほか、10曲入り。
ボカロで覚える 中学歴史」は、学研から発行されている参考書のひとつです。「ボカロで覚える」シリーズの歴史版で、他にも数学理科英単語などがあります。「ボカロで覚える」という名前の通り、歴史の人物や事件を歌詞にした曲をボーカロイドが歌っています。
本にはCDが付属されていて曲が聴けるようになっていますが、スマホやタブレット、パソコンを使うと映像も観れるようになっていて便利です。本には曲の歌詞だけでなく、その用語の説明などが載っているのでしっかりと勉強になります。

収録されている曲

CDに収録されている曲は、以下の10曲です。

1.千本桜 日本の歴史ver.(古代〜現代)
2.縄文炸裂ガール(旧石器時代〜古墳時代)
3.彩(奈良時代〜平安時代)
4.源☆サムライウォーズ(平安時代〜鎌倉時代)
5.大航海時代(近世ヨーロッパ)
6.UTSUKE(安土桃山時代)
7.江戸猛進ガール(江戸時代)
8.明治維新ROCK(明治時代)
9.大正ロマンチック(大正時代)
10.歴史の人物覚えまSHOW!(歴史人物 古代〜現代)

無料で公開されているこちらの動画は、10曲目の「歴史の人物覚えまSHOW」です。とてもノリの良い曲で、古代から現代までの主要人物を上手に網羅しています。ボカロなので歌詞が聞き取りづらいというデメリットはあるのですが、本に載っている歌詞を見ながら聴いていれば大丈夫です。
1曲目の「千本桜」のように、もともとあった曲の歌詞だけ替えているものもあります。「千本桜」以外だと、2曲目の「縄文炸裂ガール」と、7曲目の「江戸猛進ガール」がそれに当たります。
ボカロ好きな人はなんとなくわかると思いますが、縄文炸裂ガールは「脳漿炸裂ガール」の替え歌で、江戸猛進ガールは「猪突猛進ガール」の替え歌です。それ以外の曲はすべて書き下ろしでなので、勉強しながらボカロの新曲を楽しむことができます。

小学生でも使えるか?

gettyimages (292661)

「中学歴史」と聞くと小学生には難しいイメージがありますが、中学の歴史は基礎的な内容が多いので高学年くらいであれば理解できます。また、漢字にも大体ふりがながふってあるので、難しい歴史用語や人名が読めないということもありません。
小学校6年生から社会で歴史の授業が始まりますが、歴史に興味がある子はその前から聴かせてあげても良いでしょう。逆に歴史の授業が始まってからつまずいてしまった子にも、楽しく歴史を学ばせてあげることができます。
24 件

このまとめのキュレーター

うしゃ うしゃ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧