2017年4月14日 更新

簡単ワンプッシュ! フィリップスのキッチン家電「マルチチョッパー」が便利♡

面倒な野菜のカットがワンプッシュ!離乳食にも使える♫超便利なキッチン家電が発売します!

アメリカ・ニューヨークで人気の、野菜を細かく切って食べる「チョップドサラダ」をご存知ですか?
東京にその専門店が上陸するなど、日本でもその認知度は少しずつ上がってきています。

実は、そのチョップドサラダを簡単に作ることができちゃう調理家電があるんです♫

「フィリップス マルチチョッパー」

料理で一番大変なのは下準備だといってもいいくらい。中でも野菜を洗ったり切ったりするのは時間も手間もかかりますよね。

実は筆者も、野菜を細かく切るのがとっても苦手です。

そんな方にもおすすめしたいのが、この食材を手早く均一にカットできる調理家電「フィリップス マルチチョッパー」です!

「ノンフライヤー」「ヌードルメーカー」などで有名な、株式会社フィリップスエレクトロニクス ジャパンが日本で展開する調理家電の第3弾です。

特徴

新製品の「マルチチョッパー」は、手間をかけることなく簡単に野菜をはじめとした食材をカットできる調理家電です!

食材の水分を約30%多く残しながら、食材を均一にカットできる「チョップドロップモード」と、刻む・混ぜる・ミンチができる「フードプロセッサーモード」が選べます。
▼ 「チョップドロップモード」
 (18519)

「チョップドロップモード」では、特別な形状に設計されたバスケットで毎分約1,500回の低速回転で食材を刻み、食材をみずみずしく、かつ食感を活かしたドライピースカットが可能です。

キャベツ、きゅうり、ゆでたまご、パプリカ、ピーナッツなどの異なる固さの食材をまとめて均一にカットすることができ、海外をはじめ日本でも人気を集めている“チョップドサラダ”をご家庭で簡単に作れます。

たまねぎ、にんにく、にんじんなどの調理準備にも最適でとっても便利♫
▼  「フードプロセッサーモード」
 (18520)

「フードプロセッサーモード」は、1分間に約5,000回の高速回転で食材を刻んだり、混ぜたり、ミンチにすることができます。

肉や魚をミンチしたり、トマトなど水分の多い野菜を刻むことができるほか、粘り気のある長芋のすりおろしを作ることもできて″食材がたっぷり空気を含み、ふんわりと仕上がる″んです!

ドライカレーやミックスジュース、さらには離乳食にも幅広く活用できちゃうんです♫

使い方は簡単3ステップ!

▼ STEP1 食材を入れてセットする
 (18529)

▼ Step2 上からプッシュ!
31 件

このまとめのキュレーター

miichan! miichan!

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧