2018年11月3日 更新

子どもがかかりやすい感染症【突発性発疹】って?

子どもがかかりやすい感染症の原因と症状、治療法、ホームケアの方法などについて知っておきましょう。今回は【突発性発疹】についてです。

gettyimages (172265)

子どもは感染症によくかかります。予防接種で防げる病気もありますが、繰り返し何度もかかる病気もあります。感染症の原因と症状、治療法、ホームケアの方法などについて知っておきましょう。今回は【突発性発疹】についてです。

原因と症状

gettyimages (172275)

突発性発疹は乳幼児に多く、特に生後6ヵ月~1才くらいにかかりやすい病気です。はじめての病気が突発性発疹ということも珍しくありません。突然高熱が出て3~4日続きます。熱が下がると、その日か翌日のうちにおなかを中心に赤い発疹が出始め、次第に濃くなり、全身に広がります。発疹は3~4日で消えます。

原因になるのはヒトヘルペスウイルス6型と7型の2種類。そのため二度かかる場合もあります。このウイルスは一度感染すると一生体内にひそみます。そのため乳幼児の突発性発疹は、親など周囲の大人を介してうつると考えられています。

治療

gettyimages (172276)

ウイルスによる感染症のため、抗菌剤などは使いません。熱が高くてつらそうなときは、解熱剤が処方されることもあります。また、以前に熱性けいれんを起こしたことがある場合はけいれん止めの薬(ダイアップなど)を使うことがあります。医師の指示に従いましょう。

ホームケア

gettyimages (172278)

発疹はあまり痒みのないので、特にケアはしなくても大丈夫です。家で安静にし、水分を多くとらせるようにしましょう。

まとめ

突発性発疹の主な症状は以下となります。

【熱】〇
【発疹】〇
【咳】×
【嘔吐・下痢】 ×
【予防接種】 なし



病気のサインや経過を知って、早めに受診するよう心がけましょう。
15 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧