2019年9月3日 更新

日本お父さん白書『働くイマドキお父さん実態調査』イマドキのお父さんってどんな人?

日本全国でがんばるお父さんを応援する新組織「日本のお父さん応援委員会」が『働くイマドキお父さん実態調査』を実施。調査結果から見えてきた“働くイマドキお父さん”の姿とは

ついに始まった2017年。1月からアメリカに新大統領が就任したりと、私たちを取り囲む環境は1年間でどんどん変わっていく可能性があります。

そんな中、世の中を支えている存在である“日本全国の働くお父さん”たちは一体どういったことを考え、生活しているのでしょうか?

『働くイマドキお父さん実態調査』

キリンビール株式会社は、発売以来12年連続新ジャンル市場でNo.1のブランド「キリン のどごし<生>」にて、2017年1月26日(木)より、日本全国でがんばるお父さんを応援する新組織「日本のお父さん応援委員会を発足。今回その活動の一環として『働くイマドキお父さん実態調査』を行いました。

調査を通して、働くイマドキお父さんたちの姿を浮き彫りにします。

1. イマドキのお父さんってどんな人?

・「おじさん」は39.5歳から、「オヤジ」は43.9歳から
世のお父さんが「おじさん」「オヤジ」についてどう思っているのかを聞いた所、お父さんたちが思う「おじさん」は39.5歳から、「オヤジ」は43.9歳からという答えが集まりました。そんなお父さんたちは「おじさん」「オヤジ」と呼ばれることについてどう思っているかと言うと、約7割が嫌だと回答。

その一方で、全体の63.5%が自分は「おじさん」である、50.2%が自分は「オヤジ」であると回答。嫌だと思っているはずなのに約半数以上の人が自分は「おじさん」「オヤジ」であると認めてしまっていることがわかりました。
・お父さんたちの懐事情
お父さんたちの懐事情について聞いた所、お父さんたちの毎月のお小遣いは平均28,712.7円で、普段お酒をよく飲む人のほうが3,000円以上高いという結果に。

また、そんなお小遣いの額についてどう思っているのかというと、約半数が満足していないにも関わらず、63.4%が正当な評価であると答えています。

嫌だと思うけどあっさりと納得しちゃう、そんな引き際の良さが今のお父さんたちの魅力かもしれません。

2. お父さんの考えていることって?

・2017年に最も不安に感じることは「仕事」
お父さんたちに今年2017年に最も不安に感じることを聞くと、1位は仕事、2位は金銭面についてという結果になりました。その一方で、2017年初詣でお願いしたいことを聞くと、仕事のことではなく子どもについてが1位になりました。

中でも、妻から名前で呼ばれているお父さんほど、子どもについてお願いする人が多いことがわかりました。
47 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧