2019年9月3日 更新

悩めるママたち必見!野菜高騰を乗り切るオススメの節約法とは

野菜価格の高騰が止まらない!家計のピンチを助けてくれるオススメの方法を利用してこの危機を上手に乗り切ろう♪

 (59007)

台風の接近のほか、9月以降の日照不足や降雨などの影響で「野菜価格の高騰」が続いています。

できるかぎり家計は抑えたいところだけど、野菜無しでは栄養バランスも気になるし…なんてお悩みのママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は野菜が高騰していても、上手に節約をして栄養もバランスの整った食卓するとができる!おすすめの節約方法をご紹介します。

① 冷凍野菜を活用しよう

 (59010)

まずオススメしたいのが「冷凍野菜」です。

冷凍野菜は言わば‟台風被害が起こる前”の野菜です。冷凍野菜のメリットである長期間の保存が利く点に注目することで、台風被害が起こる前の野菜をお得に購入することができます。

  上の写真のブロッコリーだけでなく、ほうれん草・ミックスベジタブルといった野菜のほか、みじん切り玉ねぎ・シイタケ・カットジャガイモなどの種類も豊富にあるので非常におすすめです。

② 缶詰を使う

 (59013)

常備アイテムでもある「缶詰」も便利でオススメです。

缶詰も冷凍野菜と同様に‟台風が起こる前”の野菜を買うことができ、最近では、トマト・コーン・豆類といったバリエーションも増えてきているため様々な料理に大活躍間違いなしです。

③ 国外産の野菜を買う

 (59016)

国産の野菜は高騰していますが「外国産の野菜」は通常通りに購入することが出来ます。

外国産の食材が多い業務スーパー・コストコなどで買うことで、国内の被害による値上げを抑えることが出来ます。先述のような大型店であれば、一緒に冷凍野菜や缶詰も手に入れることができます。

④ 乾物で栄養補給

 (59020)

干しいたけ・切干大根・高野豆腐・干し柿など、古来より日本に伝わる「乾物」は、保存性だけではなく栄養面もバッチリの優れた食品です。

天日で乾かすことで、殺菌・消毒効果が高まるばかりでなく香りや旨みも増し、ビタミンやカルシウム、鉄といったミネラルや食物繊維などの栄養素が濃縮されているので、積極的に摂取したい食品です。

⑤ ネット通販でお安くゲット!

21 件

このまとめのキュレーター

けんたママ けんたママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧