2019年6月3日 更新

楽しく歯磨きする工夫がいっぱい!子どもたちが大好きな「歯磨きの絵本」

絵本を読んで歯磨きの大切さを知らせましょう♪また楽しく歯磨きする工夫もいっぱいです!

虫歯予防デー

gettyimages (193597)

6月といえば虫歯予防デーですね。
みなさんのお子さんは、毎日きちんと歯磨きをしていますか?
虫歯にならないためにも、毎日歯磨きすることは大切ですね。

子どもたちにもわかりやすく歯磨きの大切さを伝えるためには、歯磨きの絵本を読んであげるのもいいかもしれませんね。
今日はそんな歯磨きに関する絵本をいくつかご紹介したいと思います。

歯磨きの絵本

「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」

ある日歯医者さんにきた患者さんは、なんとわにさん!

虫歯が痛いわにさんと、わにさんを治療するのが怖い歯医者さんが、同じ場面で同じ言葉を言っているという面白いお話です。

それぞれの心理の違いを絵で表現したゆかいな絵本で、子どもたちにも人気の一冊です。

「ノンタンはみがきはーみー」

小さい子にわかりやすくて人気の絵本といえば、やっぱりノンタンですね。

「ノンタンがイイイのイーして、はみがきはーみー しゅこ しゅこ しゅっ しゅ」
とテンポのいいリズムではみがきをします。

このセリフを覚えてお子さんと一緒にはみがきをする時に、ノンタンの部分をお子さんの名前にしてはみがきすると楽しくなるかもしれませんね。

「できるといいね はみがき」

やっぱり子どもたちのヒーローといえばアンパンマンですね。

アンパンマンのはみがき絵本を読んであげた日には、はみがきする時に、
「アンパンマンみたいにはみがきできるかな?」
「バイキンマンをやっつけよう!」
「はみがきしないと、お口の中がバイキンマンでいっぱいになっちゃうぞ!」
なんて言葉がけをしてあげるのもいいかもしれませんね。
▼こちらの記事もおすすめです
30 件

このまとめのキュレーター

きょん先生♡公認ママサポーター きょん先生♡公認ママサポーター
元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧