2020年5月1日 更新

こんなときどうすればいいの?子どもの困った行動解決法『物を投げる・暴言を吐く』

我が子のあんな行動やこんな行動・・・困った行動にどう対処すればいいの?今すぐ実行できる効果的な解決法・対処方法をご紹介します。

gettyimages (190138)

我が子のあんな行動やこんな行動など・・・困った行動にどう対処すればいいのか、ママは悩んでしまうことがありますよね。そんな時に今すぐ実行できる効果的な解決法があるんです!今回は『物を投げる・暴言を吐く』の際の対処方法をご紹介します。

子どもの困った行動解決法『物を投げる・暴言を吐く』

gettyimages (190608)

言っていいこと・いけないことを教える
子どもはどんな言葉が人を傷つけるのか、教えられなければわかりません。子どもが「バカ」「死ね」「うざい」「きもい」などと悪態をついたら、相手の気持ちを考えるように促し、きちんと謝らせましょう。
子どもと話し合う
腹が立ったときに、叩く、暴言を吐くといった行動の替わりに何ができるか、子どもと話しをします。子どもがひとりで思いつかなければ一緒に考え、「~することもできるよね」などヒントを出してあげましょう。
叱る
叱るという行為は「あなたなら叱られている理由が理解できるはず」という信頼感を子どもに示すことでもあります。子どもが誰かを叩いてしまったときの効果的な叱り方を紹介します。

・その行動をやめるように言う ⇒ 「叩くのをやめなさい」
・その行動がよくない理由を説明する ⇒ 「叩かれると痛いでしょ」
・どうするのがいいかを教える ⇒ 「腹が立ったら、その場から離れるといいよ!」

まとめ

gettyimages (190606)

日々、育児に奮闘するママ。我が子が困った行動をしたとき、どうすれば子どもを尊重した言葉と態度で穏やかに対処できるかを知っておき、適切な振る舞いができるようにしておきましょう。
12 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧