2020年6月7日 更新

じめじめシーズン到来!みんなが気になる自宅の衛生環境を調査

掃除や洗濯を自分で行う20~50代の共働き男女800名に聞いた“梅雨時期の暮らしのお困りごと”は?梅雨時期の暮らしのお困りごと上位は「乾かない洗濯物」と「部屋干し臭」

もうすぐ梅雨の季節が始まります。ウェザーニュース予報センターの最新見解によると、2020年の梅雨入りは、沖縄から西日本、東海、関東甲信で平年より遅くなる予想。梅雨明けも例年よりは全国的に早くなる見込みですが、梅雨前線の活動活発化に伴う大雨や強い雨により、梅雨期間の降水量は平年並みという予測を立てています。

今年は短い梅雨の予報ですが、じめじめとした住空間について毎年悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。そこでパナソニック株式会社は、掃除や洗濯を自分で行う20~50代の共働き男女800名を対象に、梅雨時期の暮らしのお困りごとに関する意識・実態調査を実施しました。
 (228859)

[調査概要]
調査対象:「掃除」または「洗濯」を自身が行うと回答した20~50代の男女800名
調査期間:2020年4月28日(火)~ 2020年4月30日(木)
調査方法:インターネット調査

梅雨時期に自宅の衛生環境が気になる人は8割超

梅雨時期、自宅の衛生環境が気になるかを質問したところ、「気になる」と回答した方が33.6%、「ある程度気になる」という方が49.1%で、8割超の人が自宅の衛生環境について気になっていることが分かりました。
 (228863)

梅雨時期の暮らしでは「洗濯物」関連、お部屋の「衛生面」などに困っている

梅雨時期の暮らしで困ることについて尋ねたところ、1位は「洗濯物が乾かないこと(58.1%)」次いで「部屋干しした洗濯物のニオイ(46.8%)」など洗濯物に関するお困りごとが多い結果となりました。

また、多くはありませんが、「タオル類のニオイ・雑菌繁殖(37.0%)」「家の中のこもったニオイ(33.0%)」「洗濯機のカビ、洗濯槽についてくるカビ(19.3%)」など、梅雨時期の部屋の中に発生するカビや雑菌など「衛生面」に困っていることがうかがえます。
 (228865)

カビの発生が気になる場所TOP5は「水まわり」そして「お部屋の空気」に関係する場所

梅雨時期の暮らしのお困りごととして、「あらゆるところへのカビ発生」と挙げた人に対し、具体的にどの場所に発生するカビが気になるか質問したところ、7割超の「浴室(75.9%)」を始め、「エアコン、エアコンの中(52.6%)」「窓(49.1%)」「洗濯槽(47.4%)」「カーテン(44.8%)」が回答の上位5位を占めました。家の中でも特に「水まわり」や「お部屋の空間・空気」関連の場所に発生するカビが気になっていることが分かります。
 (228868)

困っていても「対策していない」人の理由は「対策方法が分からない」が多数

前述のお困りごとに対し何か対策を講じているか聞いたところ、ほとんどの項目で「対策していない」という回答の割合が多いことがわかりました。
 (228873)

32 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧