2019年8月27日 更新

【初めての靴選び】足の成長を妨げない!子どもの足に合った靴の選び方ポイント

よちよちと10歩ほど歩けるようになったらファーストシューズを用意してあげましょう!子どもの足に合った靴の選び方のポイントをご紹介します。

thinkstock (150211)

まだ発達途中の子どもの足は、やわらかくて偏平足。筋力がついて土踏まずができ、正しく歩く機能が備わった大人の足のようになるための大切な準備期間です。よちよちと10歩ほど歩けるようになったら、お外用に靴を用意してあげましょう。今回は、子どもの足に合った靴の選び方のポイントをご紹介します。

Step1 子どもの足を知る

gettyimages (150220)

機能的に優れている靴でも、大きすぎてブカブカ、逆に小さくて窮屈では足によくありません。まずは足のサイズを計測して、長さだけでなく幅が細めか広めかなど、子どもの足のタイプをしりましょう。

Step2 靴を選ぶ

thinkstock (150308)

・マジックテープやひもで甲の部分をしっかりと固定できる
・つま先に5㎜~1㎝くらい余裕がある
・指の付け根で靴が曲がる
・中敷きが外せる
・かかとがしっかりしている
・開口部が広い
上記のポイントを参考に、子どもの足に合った靴を選ぶのがベストです。同じメーカーでもデザインによってサイズや形が違うので、いくつかピックアップして試し履きをしましょう。

Step3 試し履きをする

thinkstock (150310)

靴のかかと部分に子どもの足をきちんと入れて、マジックテープやひもでしっかりと固定します。中で足が滑ってつま先に当たらないか、フィットしているかなどを指で触って調べます。両足に履かせて歩き方がスムーズなものを選びましょう。

まとめ

thinkstock (150216)

足は歩くことで成長していくもの。成長を促すためにも歩かせることが大事になります。そんな子どもの歩くをサポートする靴選びのポイントは、足の成長を妨げないことです。ご紹介したポイントを参考にして選んでみてください。


16 件

このまとめのキュレーター

miichan! miichan!

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧