2019年9月29日 更新

レビューやSNSで「大人も楽しめる」と人気の『きかいのしくみ図鑑』の続刊!『めくって学べる もののしくみ図鑑』発売!

オンライン書店のレビューやSNSで「大人でも楽しい!」「子どもに買ったけど親がハマった」と話題になった『めくって学べる きかいのしくみ図鑑』。テーマを「もの」に広げ、待望の続刊が登場しました。

株式会社 学研プラスから、レビューやSNSで「大人も楽しめる」と人気の『きかいのしくみ図鑑』の続刊、『めくって学べる もののしくみ図鑑』が全国書店で発売されました。
 (203857)

身近なものから大きなものまで。「しくみ」をめくるしかけで可視化!

いつも何気なく使っているシャープペンシル。カチカチすると芯が出る、とても単純なものに思えますが、中を見てみると…意外なほどたくさんの部品でできた複雑なしくみなんです。本書はいろいろな「もの」のイラストのしかけをめくることで中のしくみを見ることができる図鑑です。

「中はこうなっていたのか!」「ここがこうなって…なるほど!」という驚きと発見をお子さんだけでなく大人も一緒に楽しむことができます。
 (203860)

ボール、家電、船、楽器、衛星…スカイツリーも収録!

「機械」に特化した前作に比べ、今作はより幅広いテーマを取り上げています。例えばボール。同じように丸いボールでも競技に合わせて中身の工夫がまるで違うことがわかります。楽器は決められた音階を、それぞれ全く違うしくみで奏でます。さらに、スマホで自分の位置がわかるしくみ、東京スカイツリーのしくみなど、バラエティに富んだ内容となっています。
 (203863)

しくみを知り、考えることで理系脳を育てる!プログラミング教育の基礎に。

来年度からは小学校でプログラミング教育が始まります。もののしくみとは、目的を達成するために最適な方法を具現化したもの。無駄がなく、論理的にできています。しくみについて考えたり、どこがどうなって…と頭の中でシミュレーションしてみたりすることは、論理的思考の訓練にもなり、プログラミング教育の基礎となる力をはぐくみます。ぜひ『もののしくみ図鑑』『きかいのしくみ図鑑』をあわせて楽しみながら、理系脳を育てましょう!

 (203866)

[商品概要]
『めくって学べる もののしくみ図鑑』
監修:小峯龍男
定価:本体1,980円+税
発売日:2019年9月19日(木)
判型:A4変型判/36ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-204943-9
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/

Amazon 楽天ブックス
14 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧