2022年9月17日 更新

「頑固な旦那を納得させる」究極の心理学!説得までの4ステップ

“どうしてもパパにお願いしたいこと”はありませんか?「お願いしても断られる」「口先だけで全然ダメ」そんなお悩みを心理学の力で解決できるかもしれません。

ママの理想を実現するに、パパの協力が必要になる場面はよくあります。
にもかかわらず、パパがなかなか協力してくれなくて困っている…というママも多いことでしょう。
しかし、諦める必要はありません。どんなに頑固な相手でも歩み寄ることは可能です!
実際にこの方法で、典型的な頑固パパ(旦那)を幾度となく口説き落としてきた筆者が、「説得が失敗してしまう原因」や「心理学に基づいた正しい説得方法」などを解説します。

説得が失敗してしまう原因は?

gettyimages (305608)

頑固なパパが説得に応じてくれないのには、大きく分けて4つの理由があります。

<説得に応じてくれない4つの理由>
① 説得のタイミングが悪い
② 説得の方法が間違っている
③ 必要性(メリット)を感じられない
④ リスクを感じている(経済的リスクや肉体的リスクなど)

上記の原因を解決しないまま相手を説得することは困難です。しかし裏を返せば、この4つの問題さえ解決できれば、説得の成功確率は格段に上がります!

「説得のチャンス」を狙おう

説得のタイミングは、パパが暇そうで、機嫌がいい時を狙うのがベスト。そうは言っても、うちのパパはいつも忙しそうで…という場合もありますよね。そんな時は「相談したいことがあるんだけど、明日の夜は時間ある?」と、ママから約束を取り付けてみてください。

男性であっても女性であっても、いくつものことを同時に処理するのは難しいものです。ママの話だけに集中してもらえるよう、パパには“何もしない時間”を意図的に作ってもらいましょう。

「正しい説得の方法」を知ろう

相手を説得するということは、自分の主張を押し通すことではありません。説得の本質は、“相手が納得できるように手助けしてあげること”です。とはいえ、なかなかパパに理解してもらえないのはつらいですよね。気持ちが高ぶって感情的になってしまうのもよく分かります。

しかし、ママの主張を感情的にぶつけるほど、パパは心を閉ざしてしまいます。難しいようですが、「説得する時ほど、冷静に」ということを頑張って意識してみましょう。

頑固なパパの思考タイプを知ろう

gettyimages (305611)

パパは「どんなことがモチベーションに繋がるタイプ」でしょうか?

◎問題やリスクを積極的に回避しようとするタイプ⇒問題回避型
◎利益を得ること、目標を達成することに意欲的なタイプ⇒目的志向型

パパがどちらのタイプかによって、効果的な説得方法が変わります。 例えば、「洗濯乾燥機(便利家電)がどうしても欲しい時」を例にあげて、タイプ別に解説していきましょう。


パパが「問題やリスクを回避しようとするタイプ(問題回避型)」である場合、
・部屋干しだと洗濯物の匂いが気になるし、部屋にカビも生えて健康に悪い
・このままでは、パパの家事をもっと増やしてしまうことになる
…など、パパにとっての「デメリット」を前面に押し出して説得するのが有効です。

逆に「目標を達成することに意欲的なタイプ(目的志向型)」のパパには、
・洗濯乾燥機を使うと年間で「140時間」も節約できるから、もっと時間を有効活用できる
・洗濯乾燥機を買うのを許可してくれたら、機嫌良くパパに〇〇してあげられる
…といった、パパのメリットに焦点をあてた説得が効果的です。

ママがメリットだと思っていたことも、パパにとってはあまりメリットではない場合もありますし、またその逆もあります。パパがどちらのタイプなのかよく観察して、相手から「共感」を引き出せるキーワードを見つけてくださいね。

<ステップ1>パパの注意を引き付けよう!

gettyimages (306544)

ここからは、いよいよ実践です!まず本題に入る前に、パパが自然に「YES」と答えられるようなお願いを何個かしてみましょう。

<YESを引き出す2つの目的>
①「YES」を引き出すことで、これから始まる話に注意を引き付けることができる。
②無意識の内に、自分の言ったことにつじつまを合わせたくなる“一貫性の原理”が働き、最終的な説得にも「YES」と答えてもらいやすくする。

例えば、「そこにあるコップを取ってもらえる?」「ちょっとだけ長くなるかもしれないけど良い?」といった内容でOKです。パパからいくつかのYESが引き出せたら、まずは第一関門突破です。
28 件

このまとめのキュレーター

星野サン 星野サン

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報