2019年5月13日 更新

知っておきたい男の子のおちんちん事情「皮って剥くの?」

男の子を育てるママは自分にはわからない場面にでくわすことも多いでしょう。特におちんちんについては、さっぱりわからず「どうしたらいいの?」と思うことばかり。中でもおちんちんの皮を剥くのか剥かないのか、どっち?というママのために、おちんちん事情に迫ります!

gettyimages (191243)

男の子のおちんちんって、未知の領域ですよね。ママには絶対ないもので、育児書やお医者さんや男性のアドバイスがないと、手の出しようもアドバイスのかけようもありません。

トイレトレーニングなどは、なんとか無事に終えられても、皮を剥くのか剥かないのか、どんな意味があるのか、悩むことは多いと思います。そんなママの解決に向けて、おちんちんの皮を剥くことについての意味を考えてみたいと思います。

おちんちんの皮はなんで剥くの?

gettyimages (191246)

男の子をもつママさんは、おちんちんの皮について言及されることが必ずといっていいほどあります。特に健診で保健師さんに助言されるパターンが多いのではないでしょうか。

おちんちんの皮を剥くか剥かないかは、日本国内でも意見が割れます。地方でしきたりがあったり、病気を心配したりと、理由は様々です。

では、なぜ、故意に小さいうちから皮を剥くことを推奨する教えがあるのでしょう。

これは、おちんちんの中にカスが溜まったことで、尿路感染症や亀頭包皮炎を未然に防ぐためといった考えが主なようです。

ですが、日本では入浴の文化がしっかり浸透しています。お風呂に入るときにおちんちんをしっかり洗えば、これらの病気にかかるリスクは低いのです。つまり、無理に剥く必要はないということになります。

思春期を迎える前の子供は、おちんちんが性器だという認識はあっても、たんなる「おしっこをするところ」としか思っていません。または、身体にぶらさがっている「おもちゃ」に近い感覚です。気付けばおちんちんをさわったり、引っ張ったりしている、なんてことありませんか?子供はおもしろくて、安心したくて触っています。

おちんちんの感染症トラブルを防ぎたいのであれば、皮を剥くことよりも、おちんちんを清潔に保つことが重要なのです。

おちんちんの正しい洗い方

gettyimages (191249)

おちんちんを清潔に保つために大事なのは、お風呂で優しく洗うことです。

シャワーの威力が強いと痛がる原因になるので、ぬるめの弱めを意識しておきます。おちんちんの皮を少しだけひっぱり優しくささっと洗うだけで十分です。清潔にしなくてはいけないからと、神経質にボディーソープをぬったくる必要はありません。

皮を引っ張った時に、白いカスのようなものがついていることもあります。これは、垢やカスではなく新陳代謝によってできるもの。亀頭を守ってくれますし、成長とともに自然にとれるので、放置して大丈夫です。このカスが原因で、痒がったりもじもじしているようであれば、そのままにした状態で小児科に行きましょう。

清潔に保つためにお風呂できれいにしていても、いろんなものをさわる子供の手が、しょっちゅうおちんちんを触っていたら、やめさせたいですよね。ママはなんとなく「性器をいじる」ことに対して、心配やいやな気持ちを持ってしまいます。これは女の子をもつママも同じです。

「大切な場所だから、いじらないでね」「おちんちんが病気しちゃうからね」と、あくまでも「大切にしなくてはいけない」といった意味を教えるようにします。性的ななにかがあるのではないかと、勘繰らなくて大丈夫です。幼児期に性的快楽はありません。

男の子も女の子も、性器をいじってしまうのは、「おもしろい」「安心する」といった快楽だけです。かさぶたや日焼けの皮をいじる子っていますよね。なんとなく触ってしまうという感覚です。大人で言えば、ビーズクッションをさわっていると気持ちよくて安心する、といった感覚が一番近いようです。

なので、その行為そのものを心配しなくても大丈夫なのですが、いじっていて感染症トラブルになってしまうのは、素直に心配です。「病気をしてしまうから、いじるのはやめよう」と教えるようにしてください。

トイレでおちんちんの皮は引っ張る?

gettyimages (191256)

トイトレでも男の子の指導は問題が山積みですよね。立ってするの?座ってするの?皮は引っ張る?おしっこがあちこちに飛び散ることが、ママを悩ませる問題でもあります。

トイレでおちんちんの皮をそのままにするのか、少し引っ張るのか、これは正直ママの意識の違いによります。私も息子をもつ母親ですが、少しだけ引っ張っておしっこをさせています。その方が飛び散る率も、最後のおしっこ切りもわかりやすいと発見したからです。もちろん引っ張らずに、そのままの状態でも大丈夫です。

余談ですが、立っておしっこをする場合は、最後にちょんちょんとおちんちんを振っておしまいです。座っておしっこをする場合は、最後にトイレットペーパーで拭くことが望ましいですね。座ってすることで、おしっこの跳ね返りがあるからです。

皮そのものは無理に引っ張ると、切れてしまったり戻らなくなってしまったりするので、お風呂でもトイレでも、日常でも、無理に剥こうと神経質になる必要はありません。

おちんちんは未知の領域

gettyimages (191259)

結論として、おちんちんの皮を剥く必要は、ありません。赤ちゃんは100%包茎です。年齢とともに剥けていくものなので、幼児期の包茎は気にする必要はありません。

子どものうちに、包茎で治療が必要な場合は、尿路感染症や亀頭包皮炎を起こしたときです。咳や鼻水はないのに熱がある、おしっこの時に痛がったり血尿がでる、おちんちんを気にしてもじもじしたりさわってばかりいる、これらの様子が見られるときは、感染症の疑いがあるので、速やかに小児科を受診しましょう。

海外では習慣や宗教の問題で、生後まもなく亀頭包皮の手術(割礼)をすることが普通でした。最近になって医学的な理由が乏しいことや、子どもには負担が大きいことが実証され、少しずつ減って来ていることが現状です。

それぞれの考え方がありますが、自分の子どもはどうしたらいいかと悩んだら、自然のままでいいと考えてみてはいかがでしょうか。自然に任せれば負担もなく、無理にやればリスクがうまれます。ママには未知の領域なので、不安もあるでしょうが、取り返しのつかないことになっては大変です。

もしも誰かに相談したいということであれば、インターネットよりも、身近にいる男性や、小児科の先生に意見を求めることがベストなのかもしれません。恥ずかしくて誰にも聞けないという性についての悩みの第一歩です。安全な道を導いてあげてくださいね!
15 件

このまとめのキュレーター

K K
元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧