2020年7月1日 更新

お散歩の時間がもっと楽しくなる!お散歩の効果とおすすめアプリ4選

親子で話が弾み、楽しいコミュニケーションの時間にもなる“お散歩”の時間。お散歩に期待できる効果と、お散歩の時間がもっと楽しくなるおすすめアプリをご紹介します。

子供たちとお散歩に出かけると、話が弾み楽しいコミュニケーションの時間になりますよね。

お散歩の途中で子供たちの目線に合わせてしゃがんでみると、目の前に広がる世界がこんなにも違うのか…!と感じた経験はありませんか?

草花ひとつみても、こんなに背が高く見える。
空との距離がもっと遠い。
お散歩中の犬やネコとの視線の近さ。

どのシーンをとっても見える世界が違って、新しい発見が沢山あります。
gettyimages (231105)

お散歩の効果

“歩育”という言葉があります。これは「歩いて、自然や社会に触れ、五感を開き体で学ぶ直接体験を通じて、 子供たちの豊かな心、生きる力を育てる」という教育のことです。

外で歩いたり体を動かすことは、心と身体の発達にメリットがあるとされています。
gettyimages (231017)

・言葉や表現力増える

子供たちは、「アレなになにー!?」と目にしたモノ全てを吸収しようとします。絵本で見たことのある植物や動物、昆虫、乗物など、音や大きさを目の前で知ることができるのです。絵本の中で、「小川がサラサラ流れている」という表現を見たものを体感して、より自分のものにしていきます。
・交通や社会のルールを学べる

車が近づいていきたらどうするのか、信号機の色はどう変わるのか、自動車や自転車はどんなスピードなのか。子供たちの様子を見ることで、進学前に気をつけて伝えなければいけないことも更に見つかるかもしれません。
・体力がつく

ウォーキングは全身運動です。近頃、室内で遊ぶことが増えていますよね。汗をかきづらくて体温調整が難しくなったり、基礎体力が落ちるとも言われています。足は「第2の心臓」と言われているように、 足を歩く動作で動かすと、くみあげポンプのように、血液を心臓に送り返すことができます。歩くほど、血液の流れが良くなり、身体も自然とポカポカします。
・質の良い睡眠が取れる

大人だと数分の距離も子供たちにはすごく体力を使うものです。また、太陽の光を浴びると睡眠を促すセロトニンを作ることができます。筆者の娘の場合も、天気のいい日に外で体を動かすと、お昼寝や夜眠るのも早くなることが多いです。寝かしつけがすんなり終わるとママも助かりますよね。

お散歩の時間がもっと楽しくなる!おすすめアプリ4選

ここからは、お散歩の時間がより楽しいものになる!子供たちのワクワクを記録したり、もっと興味を引き出すアプリをご紹介します。

※周囲の状況を確認しながら大人の方がご使用ください。

てくてくみっけ

『子どもたちが、新しい発見に出会えますように。』という想いで製作された、こちらのアプリ。子供たちの発見を記録していくと、振り返った時により濃い想い出になりますよね。

使い方はシンプルでわかりやすいです。まず、色や形からお題を選びます。そのお題に沿って、お散歩中に見つけたものをカメラで撮影します。たくさん見つけるとメダルをもらえるというもの。

色や形を教えるツールにもなり、「丸みつけたよー!」と子供たちの敏感な目線をしっかり記録できるアプリになっています。
30 件

このまとめのキュレーター

こねこママ こねこママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧