2022年2月21日 更新

3人の息子をスタンフォード大学に合格させたアグネス・チャン独自の子育て法の原点『0歳教育』発売!

アグネス氏が学び、実践してきた赤ちゃんの育て方にフォーカスをあて、子どもの才能を最大限に引き出す育児法を紹介する『スタンフォード大学に3人の息子を入れた 賢い頭としなやかな心が育つ 0歳教育』が発売!

3人の息子をスタンフォード大学に合格させたアグネス・チャン独自の子育て法の原点『スタンフォード大学に3人の息子を入れた 賢い頭としなやかな心が育つ 0歳教育』が2022年2月18日に刊行されました。
 (300065)

アグネス・チャン氏による、子どもの能力がぐんぐん伸びる「育児のアイディア70」

 (300067)

歌手として有名なアグネス・チャン氏は、3人の息子を米国有名大学であるスタンフォード大学に入学させ、自身も同大学で教育学の博士号を取得するなど、熱心に教育に取り組んできました。

本書では、アグネス氏が学び、実践してきた赤ちゃんの育て方にフォーカスをあて、子どもの才能を最大限に引き出す育児法を紹介しています。読んだその日から始められる、簡単なアイディアが満載の1冊です。

教育の基本は0歳から

 (300070)

「0歳教育」と聞くと、「そんな早くから教育ってできるの?」と不思議に思う方も多いかもしれません。
本書で言う「教育」は「子どもがもともと生まれながらにして持っている才能や可能性を最大限に伸ばすこと」であり、頭脳はもちろん、心、体、すべてを伸ばしていくことと考えます。そう考えると、乳幼児期は教育の最も大切な時期です。
なぜなら、子どもの脳の発育の80%は、3歳までに完成すると言われているからです。ユニセフは、人生の最初の1000日が大切であるという研究結果を発表しています。お母さんのお腹で命が始まってから計算して、2歳過ぎまでが1000日。この時期に愛情とケアを受け、栄養が足りている赤ちゃんは人生の良いスタートを切ることができると言っています。
ユニセフによると、学校での成績、成人になってからの平均収入、健康にも影響を与える可能性があると指摘されています。逆にこの時期に愛情、ケア、栄養が足りないと、赤ちゃんの一生に影響を与えてしまう可能性もあります。
本書では、妊娠してから12カ月までの育て方を紹介していきます。アグネス氏がスタンフォード大学で学んだ教育博士としての知見と、自身の子育ての体験をもとに、賢く、心身ともに丈夫な子に育てるために、誰でもすぐできる簡単な乳児期の育児法を数多く紹介します。
 (300076)

◎見る、聞く、触る、味わう・・・様々な感覚を刺激する。
◎たくさん話しかけ、歌ってあげる。
◎笑ったり、驚いたり。お世話をする時は、表情を大袈裟にする。
◎目に見える様々なものの名前を口にする。「これはウエットティッシュ。濡れているね」「これはペーパータオル。乾いているね」など。
◎行動しながら、何をしているか口にする「ママは今、ドアを開けるよ」「今、明かりをつけるよ」など。
◎赤ちゃんの手の指を刺しながら「ひとつ、ふたつ、みっつ」と数えてあげる。
◎くすぐることで予測力を鍛える
◎「どうしましょう?」と赤ちゃんに相談する
◎英語を音楽のように聞かせる 
など
25 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報