2018年4月19日 更新

生活を見直そう!スッキリ目覚めるための朝の習慣

気持ち良い朝の目覚めのために、新生活機に、睡眠と生活習慣を見直してみませんか?

gettyimages (151263)

睡眠不足気味の人や、よく寝ているはずなのに「眠くて朝なかなか起きられない、スッキリしない」、「日中眠くて仕事や家事がはかどらない」という人は、日頃の生活と睡眠に原因があるのかもしれません。

スッキリ目覚めるために大切なこと

gettyimages (151251)

朝晩ぐっすり眠れると、体も脳もリフレッシュし、朝スッキリを目覚めることができます。
睡眠には体内時間と体温変化が大きく関わっていますが、それを整えるのが「光・食事・運動」です。目覚めたら朝日を浴び、朝食で体温を上げ、日中は体を動かし、夜は入浴して照明を落とし、就寝する。規則正しい生活が上質な睡眠を作り出してくれます。

今すぐ始められる「スッキリ目覚めるための朝の習慣」をご紹介します。

1. カーテンを開けて日差しを浴びる

istockphoto (151245)

人間の体内時計は24時間よりも少し長いので、朝日を浴びて1日のスタートを脳に伝え、体内時計をリセットすることが大切です。
それでも眠気が続く時は、窓辺で新聞を読んだり、朝食を食べてみましょう。

2. 体をほぐして血行促進

gettyimages (151246)

布団の中で、伸びや簡単なストレッチを何度か行うだけで、体がほぐれて血流がよくなり、体が目覚めます。
熱めのシャワーを浴びるのもおすすめです。

3. 朝食を食べて体温を上げる

gettyimages (151248)

朝食でエネルギーを補給すると胃腸が動き出し、体温が上がって脳も目覚めます。
ご飯またはパンなどの炭水化物に、たまごや納豆、牛乳、ヨーグルトなどのたんぱく質、サラダのビタミンなども加えるとさらにGood!

27 件

このまとめのキュレーター

みっちー みっちー

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧