2020年11月11日 更新

とっても便利なママの味方!料理の時短を叶える野菜の冷凍ストック活用術

忙しいママのみなさん、毎日のお料理おつかれさまです!家事に育児に時間に追われることが多いからこそ、少しでも“時短”したいですよね。そんなママの味方「冷凍野菜のストック方法」をご紹介します♪

料理を作り始める時、冷蔵庫から出した野菜を、何種類も切るところからはじめるのはとても大変…。そんな時、冷凍室にカット済みのお野菜があれば、すぐに調理を始めることができますよ♪

毎日の料理でよく使う定番お野菜の冷凍方法を野菜別にみていきましょう!
gettyimages (245785)

野菜別の冷凍方法

キャベツ

gettyimages (245787)

ざく切りや細切りなど、好みの大きさにカットし、水洗いしてからペーパータオルで水気をふきとります。水分が残っていると冷凍した際劣化しやすくなるため、水気をよくふくことがポイント!

その後ジップ付きの袋に平らにして入れ、冷凍室で冷凍します。薄くいれてから冷凍することで、使用する際に必要な分だけ取り出すことができますよ♪

じゃがいも

gettyimages (245792)

じゃがいもは茹でてから冷凍するのがオススメです!茹でたじゃがいもは、潰してからマッシュポテトにします。その後完全に冷まして、小分けにして冷凍室へ。ジップ付の袋を使用する際は、お箸で上から押さえつけるように線をつけて冷凍すると、小分けにすることができます。

にんじん

gettyimages (245793)

にんじんは生のまま使いやすい大きさに切って、ジップ付袋で冷凍するだけ!おおきくカットしてしまうと食感が悪くなるので、小さ目にカットしておきましょう。

にんじんだけでなく、他の大根、ごぼうなどと一緒にミックスして冷凍しておくと、これひとつで具だくさんのお味噌汁をつくることができて、とっても便利ですよ♪

なす

gettyimages (245795)

なすも他の野菜同様、生のままカットして保存付袋で冷凍することが可能です。しかし素揚げにしてからの冷凍が、私のイチオシ!乱切りにしたなすを油で素揚げし、キッチンペーパーで油を切り、十分に冷ましてから、ジップ付き袋にいれて冷凍します。そうすることでそのままお味噌汁にいれたり、解凍して揚げびたしにしたりと料理の幅がグッと広がります!
25 件

このまとめのキュレーター

hiroko hiroko
元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧