2019年7月31日 更新

【育児あるある漫画】低学年男子の世界

女の自分には、よく分からない(でもキラキラした)世界が…そこにある。

こんにちは、ふくこです。

ADHD・自閉症スペクトラムの診断がついている次男ツトム(小2)の下校は
安全確保のため、『お迎え下校』を学校側から提案されています。
ツトムが2年生になった今も
それはそのまま、私が学校までお迎えに行っています。

夏休み前のある日。
職員室近くの校庭にいるツトムを
私は、いつもどおり校長先生に声を掛けてから迎えに行きました。

ツトムはいつもの辺りには居ませんでした。
代わり(?)に、いつも無いものを見かけました。
 (199394)

古い台みたいな物の上に…
キズなどのワケありみたいな野菜が、ぱっと見は無造作に置かれている…?
いや、ちゃんと並べてあるようにも見える。うーん…なんだろう??
 (199395)

 (199396)

 (199397)

 (199398)

 (199399)

詳細は、上記に貼ったブログの続編に書いてあるのですが
ツトムが私の迎えを待っている時間に
学童の子たちがツトムと一緒に居てくれることが、多々あります。

さらに2年生になった今(もちろん先生に時間がある時に限り)
担任の先生も、こうしてツトム達に声をかけたりして下さっていたのでした。

それはとてもとても、ありがたいことでした。
 (199400)

『虫の実家』…!( ^∀^)

名前の発想が面白くて噴き出しましたが、低学年男子たちは至ってマジメ!

校庭で作ったけど給食には使えなかった野菜で
「虫に『実家』を作ってあげよう」とか…
その感覚は、女でアラフォーな私には全く無いよ。

なんか…イイね!笑
(そして先生、そんな男子にお付き合いをありがとうございました。)
 (199401)

大人になると見えなくなりがちな、子どもたちのこんな世界。

ツトムもいつか見えなくなるのか
それともずっと、見つめ続けるのか。

そのときも出来れば誰かが
たった1人でも良いから、あなたのそばに居てくれたら…なんて

つい心のなかで、切に願ってしまう母心でした。
17 件

このまとめのキュレーター

安田ふくこ♡公認ママサポーター 安田ふくこ♡公認ママサポーター

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧