2019年8月29日 更新

ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「子どもとの関わり方」

ワーキングマザーを目指すなら、考えなければならないこと、知っておくべきことがたくさんあります。今回は「子どもとの関わり方」についてご紹介します。

gettyimages (148730)

仕事と育児、家事を両立していくためには、仕事と家庭のバランスをとり、優先順位をしっかりさせることが大切です。今回は、ワーキングマザーを目指すなら知っておきたい「子どもとの関わり方」についてまとめました。

愛情をたっぷり伝えよう

gettyimages (148785)

子どもには限られた時間でたっぷりと愛情を感じさせてあげたいもの。子どもはママとの信頼関係が基盤となり、パパや周囲の人との関係が上手に気付けるようになると言われています。

子どもに愛情を伝えるにはスキンシップが一番。ギュッと抱きしめたり、子どもの話をじっくり聞いてあげたりすることが大切です。

必要以上の甘やかしと厳しさに注意

gettyimages (148788)

働いているママは子どもと接する機会が短い分、どうしても子どもに甘くなりがちです。なんでも子どもの言いなりというのはよくありません。我慢することを覚えさせたり、人に迷惑をかけること、危険なことをしたときは叱る必要があります。

また逆に、接する機会が少ないので、しつけや教育が十分にできないのではと必要以上に子どもに厳しくなってしまう場合もあります。一緒にいる時間も短い上、いつも厳しいのでは愛情がうまく伝わりません。

注意するべきことを選び、本当に必要な時にだけ叱るようにしましょう。

意識してコミュニケーションを取る

thinkstock (148786)

限られた時間の中で、意識して子どもとコミュニケーションをとる時間をつくるようにしましょう。例えば、ろくに話もせずにテレビに子守りをさせ、家事を済ませるというのは避けたいことです。家事の効率だけを考えていると子どもとの会話が少なくなりがちです。一緒に過ごせる時間をより密度の濃いものにしましょう。

まとめ

thinkstock (148787)

育児をしながら仕事をするのはとても大変なことです。忙しい毎日の中でもたっぷりの愛情を伝えられるよう、子どもとのかかわり方を意識して過ごしましょう。
16 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧