2019年8月31日 更新

子育てママ必見♡スッピンでもオシャレに見えるコツ

ママだって忙しくてもオシャレしたい!そんなママにすっぴんでもオシャレに見えるコツを伝授します!

「すっぴん」でも問題なし! 小物で少しだけオシャレ感を演出

子どもが生まれたばかりの頃、特に0歳の時はママは自分のオシャレに気を使う心の余裕がない場合も多いですよね。「化粧をした方がいい」と分かっているけど、すっぴんのままそこらへんにあるものを着て買い物に出掛けたり……。
本当に自分を構う暇がなくなってしまうんですよね。

でも安心してください。子どもが大きくなるに従い、ママが自分自身をケアする時間がほんの少しずつ生まれてきますよ。オシャレを取り戻すママが増えるのは、子どもが幼稚園に通う頃から小学生に入ってからでしょうか。また、「オシャレな雰囲気」を作るコツをご存知な女性も多くいます。

忙しい中で、すっぴんでもオシャレに見えるコツは、子どもとショッピングに行った際に用意できる小物で簡単に工夫できます♡忙しママも簡単にオシャレを楽しめますので、是非身につけてみてくださいね。

(1)オシャレな「ダテメガネ」をかける

 (16130)

“ふちのあるメガネ”をかけると、「すっぴん」でもオシャレ感が出ます。

手頃な価格帯のメガネチェーン店や雑貨屋で調達した、今流行っている形のメガネをかければ、「流行を意識しているオンナ」が演出できそう。あるファッション誌のモデルさんは、子どもの保育園にいつもすっぴんで通うことが有名で(仕事場でメイクをバッチリしてくれるから)、それでも「ダテメガネと帽子は欠かさない」工夫で、忙しい育児期を乗り切っていたそうです。

(2)子ども用品を入れる「ママバック」だけ、おしゃれなものを購入

 (16131)

子どもを連れて歩く時間に必ず持っている「ママバッグ」(オムツ・着替え等を入れている袋)だけ、オシャレ感のあるものに変えてみてはいかがでしょうか?

(3)「帽子」をかぶる、「流行のヘアアクセサリー」「ストール」で、視線を上に集める

 (16132)

東京のオシャレ街・自由ヶ丘をお散歩するオシャレな地元ママは、多くが流行りの帽子を身に付けていました。帽子をかぶれば、髪型がキマっていなくてもカモフラージュできてオシャレ感も漂います。服装はベーシックでいつもとあまり変わらなくても、帽子やヘアアクセ、ストールを身に付ければ、視線を上に集めることができます。

(4)「白いトップス、ボトム」を着る

 (16133)

「白」は女性を美しく見せる色ですね。「さりげないオシャレ感のあるママ」は、「白色」または「薄いベージュ色」のアウター、ブラウス、レギンスを、コーディネートの一カ所に上手く取り入れています。低価格の洋服なら、汚れても気になりにくいですね。「コーディネートの配色は3色以内」に抑えると、すっきり見えて清潔感が出ます。

(5)「姿勢」を良くする

20 件

このまとめのキュレーター

けんたママ けんたママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報