2017年2月23日 更新

女性の約8割が“デリケートエリアの不調”を経験!バイエル薬品「女性のデリケートエリアの不調に関する意識調査」

バイエル薬品が実施した「女性のデリケートエリアの不調に関する意識調査」から見えてきた、女性のデリケートエリアの不調や産婦人科通院事情などの実態とは

バイエル薬品株式会社(以下 バイエル薬品)では、18歳~45歳の女性を対象に「女性のデリケートエリアの不調に関する意識調査」を行いました。

調査結果から見えてきた、デリケートエリアの不調や産婦人科通院事情などの実態とは?

女性の約8割が「デリケートエリアの不調」を経験

 (73975)

全国の18歳~45歳の女性600名に対して、「あなたはデリケートエリアの不調を感じたことはありますか?」と質問したところ、76.7%が「感じたことがある」ということがわかりました。
 (73977)

さらに「あなたはデリケートエリアの不調を感じた際、どのように対処しますか?」と質問したところ「病院には行かず、そのまま放置する」という人が51.5%、「病院には行かず、市販のかゆみ止めなどで、自力で対処する」という人が35.0%であり「すぐに病院へ行く」という人は少数派(9.6%)であることが明らかになりました。

女性の約6割が「自覚症状はあるが、病名まで突き止めていない」

 (73978)

「あなたはデリケートエリアの不調を感じた場合、病名や原因まで把握し、治療を行っていますか?」と質問したところ、全体の62.0%が「把握しておらず、治療もしていない」と回答しており、病名まで理解し、正しく対処している人はわずかであることが明らかになりました。

女性の約7割が「妊娠以外の理由で産婦人科に行くことに抵抗がある」と回答

 (73976)

同じく全国の18歳~45歳の女性600名に対して、あなたは「妊娠以外の理由で産婦人科に行くことに抵抗がありますか?」と質問したところ、全体の約7割が「抵抗がある」と回答し、そのうち64.6%が「恥ずかしいから」44.6%が「内診が怖いから」という理由で、産婦人科への抵抗感を感じていることが明らかになりました。

特に18~22歳が抵抗感が顕著に表れる結果に

 (73979)

各世代の中で「18歳~22歳」の77.5%が「抵抗がある」と最も多く回答しており、他の「23歳~35歳(67.5%)」「36歳~45歳(67.0%)」に比べ、抵抗感が顕著に表れる結果となりました。

その他にも「病名を知るのが怖い」といった声や「年齢的に若いので注目されてしまう」「保険証を使うと、産婦人科に行ったことが家族にばれてしまう」といった声があり、周囲からの見え方を気にしてしまうことで産婦人科への抵抗感が生まれている様子が垣間見えました。
43 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ こんな記事も人気です♪

【抽選で3名様にプレゼント】女性の美と健康を追求するダイエットサポート食品「スリムアップスリム」2017年春新商品4種登場!

【抽選で3名様にプレゼント】女性の美と健康を追求するダイエットサポート食品「スリムアップスリム」2017年春新商品4種登場!

女性の美と健康を追求するダイエットサポート食品「スリムアップスリム」ブランドから、2017年春ダイエット・健康トレンドをとらえた新商品が続々登場!注目商品4種をご紹介します。
【抽選で3名様にプレゼント】健康・美容志向の高い女性必見!植物性乳酸菌「SBL88」配合豆乳飲料登場

【抽選で3名様にプレゼント】健康・美容志向の高い女性必見!植物性乳酸菌「SBL88」配合豆乳飲料登場

ポッカサッポロが新しい美容・健康価値を提案!古くから美容素材として親しまれる3つのフレーバーを展開『プラス乳酸菌 豆乳飲料』2017年3月6日(月)より全国で新発売
基礎体温を管理しよう!体温計を選ぶ際のポイントは?おすすめ婦人体温計5選

基礎体温を管理しよう!体温計を選ぶ際のポイントは?おすすめ婦人体温計5選

妊活中の方をはじめすべての女性の健康管理に役に立つ“基礎体温の管理”。体温計を選ぶ際のポイントは?最新おすすめ婦人体温計5選をご紹介します。
hanako♬” | 24 view
花粉症の悪化防止には早めの対策が鍵!栄養バランスのよい食事で体力と免疫力をアップ

花粉症の悪化防止には早めの対策が鍵!栄養バランスのよい食事で体力と免疫力をアップ

花粉症にお悩みの方は、アレルギー症状を抑える成分を含む食品の摂取をおすすめします!
たつかわひな | 36 view
日本人女性が最も多くかかる、『乳がん』予防のすすめ

日本人女性が最も多くかかる、『乳がん』予防のすすめ

患者数は多いものの、早期発見、早期治療を行えば生存率が高く、完治することも可能です!
たつかわひな | 80 view

カテゴリー一覧