2019年8月31日 更新

飲んだだけでシミが増える?!太陽の下では避けたい飲み物 ~夏に向けて役立つ食材豆知識~

タイ在住料理研究家ママが教える♪梅雨が明けたら夏本番!陽射しと食材に関する豆知識をご紹介します。

こんにちは。常夏の国タイ在住料理研究家のあゆみゅんです。

タイは一年を通し4月が1番暑く、暑さをしのぐ為に皆で水をかけ合う「ソンクラン(旧正月)」という大イベントがあります。
 (152562)

ソンクランの時期はタイ全土が大型連休になるので、旅行へ出かけたり水かけ祭りに参加している方が多く、外に出る機会がとにかく多い。今年も私は見事にこんがり日焼けしました。

しかし同じだけ陽射しを浴びたのにあまり焼けていない人、焼けても皮が剥けない人っていますよね。

それはどうして?

日本の皆さんはもうすぐゴールデンウィークという事で、リゾート地へ出かける方もいるでしょうし、梅雨が明けたら夏本番!

という事で、今日は陽射しと食材に関する豆知識を紹介していきます。

暑い日はこの飲み物がNG!

 (152565)

暑いと条件反射のごとく手が伸びてしまうのが冷たい飲み物。
しかし「ソラレン」という、光を浴びることで活性化する物質を含む食材を使った飲み物を摂取すると、紫外線を通常よりも多く吸収してしまうのです。

ソラレンは光毒性があるのでシミも出来やすくなります。
 (152567)

<ソラレンを含む飲み物>
•オレンジジュース(蜜柑)
•グレープフルーツジュース
•レモンジュース
•アセロラジュース

キウイ、イチジク、スダチもNGになります。

<食べ物>
•セリ科の植物(パセリ、セロリ、パクチー等)
•紫蘇
•ブロッコリー
•人参
•胡瓜
•蕎麦

暑い日にオレンジジュースや柑橘系の炭酸水は美味しいですよね。しかし出来るだけ日中は上記の食材を避けるようにしましょう。

アルコールはNG??

 (152570)

炎天下のアルコールは良くない!と聞きますよね。それはどうしてか。

そもそも人間は、汗をかくと体内の水分や水溶性のビタミンやミネラルが体外に排泄されてしまいます。アルコールは利尿作用が強い為、体内に水分としてほぼ補給されずに尿になり、摂取前より水分不足になります。それに加えアルコールを分解する為に体内でビタミンB1を消費します。

そのビタミンB1こそ紫外線防止に役立つ成分なので、ビタミンB1を消費してしまうと結果紫外線から身を守れずシミが増えてしまうのです。
さらに炎天下+アルコール摂取で体内は極度な水分不足なので、日焼けした時に皮が剥けてしまうのです。実は皮が剥ける剥けないは体質ではなく、水分不足か水分不足じゃないかなのです。

以上が炎天下でアルコールを摂取しない方がいい理由です。炎天下でアルコールを摂取する際には水分とビタミンBを同時に摂取する事を心掛けてください。
 (152571)

<ビタミンB1を含む食材>
•豚肉
•豆類(豆腐、枝豆、納豆など)
•レバー
24 件

このまとめのキュレーター

あゆみゅん あゆみゅん

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧