2019年8月26日 更新

2019年10月からの消費税 増税時に出費を見直したい人必読!―節約アドバイザー直伝!今すぐできる増税対策の節約術とは

増税前に見直したい出費は「食費」「携帯代」「公共料金」が上位に!高収入者ほど賢く節約している?!増税対策に有効な“携帯料金に関する節約術”について、節約アドバイザーが解説します。

格安SIM・格安スマホサービスを提供するOCNモバイルONEは、全国の20代~50代の働く男女 600名を対象に、増税対策に関する意識調査を実施しました。その結果、増税前に見直したい出費上位の「食費」「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」「公共料金」の内、高収入者ほど「携帯代」に対する節約の意識が高いことが明らかになりました。気になる調査結果とともに、増税対策に有効な“携帯料金に関する節約術”について、節約アドバイザー丸山晴美さんが解説します。
gettyimages (201126)

【調査概要】
調査名:増税対策に関する意識調査
調査対象:全国の20〜59歳の労働従事者 合計600名
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査時期:2019年7月26日~2019年7月28日

2019年の消費税増税時に、出費を見直したいと考えている人は半数近くの47.8%!

2019年10月に消費税が10%に増税するにあたり、「普段の出費で見直したいものがある」と答えた人は47.8%と、約半数近くもの人が増税前に出費の見直しを考えていることが判明しました<表1>。前回2014年の消費税増税時に出費を見直した人が28.3%であったことと比較すると、大幅に増加しており、増税対策への意識が高まっていることが明らかになりました。<表2>
 (201131)

 (201132)

2019年の消費税増税時に見直したい出費は「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」 が「食費」に続き第2位、続いて「公共料金」が第3位という結果に。

 (201134)

2019年の消費税増税のタイミングで、出費を見直したいものがあると答えた人に、具体的に見直したい出費を聞いたところ、「食費」(62.4%)、「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」(47.0%)、「公共料金」(30.3%)が上位にランクインしました。<表3>

家計の中で大きな割合を占める食費を削減したいと考える人が多い一方、職業が経営者・役員の人は、75.0%もの人が「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」を見直したいと回答し、「食費」を押さえて第1位という結果に。経営層は携帯料金を意識している人が非常に多いことが判明しました。
 (201135)

見直したい出費のうち、携帯代(通信費・機種・プラン含む)を見直せていない理由第1位は『調べるのが面倒くさい』

携帯代(通信費・機種・プラン含む)を見直したいと思っているにも関わらず、見直せていない理由は、第1位「調べるのが面倒くさい」(43.0%)、第2位「仕組みがわからない(難しそう)」、「現状より安いプランを知らない(最適なプランがわからない)」(共に33.3%)となりました。<表5>

見直したいと思っているものの、具体的な行動に移せていない理由として、携帯電話の料金プランが難解だと感じる人が多いことが伺えます。現在、大手携帯電話各社・格安スマートフォン各社が様々なプランを打ち出しており、何をポイントに比較すべきかといった判断基準が不明瞭なことが背景として挙げられるでしょう。
 (201139)

30 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧