2018年12月21日 更新

【平成昭和の嫁姑お歳暮事情に関する調査】平成お歳暮事情のキーワードは“姑への忖度”と“リスク回避”!姑も納得なお歳暮の鉄板成功パターンは 「毎日使えて、値段がちょうどよく、好き嫌いがないもの」

“はじめてのお歳暮“でも外さない!お歳暮鉄板条件を網羅したお歳暮用「ウルトラアタックNeo香りのブーケ」が1クリックで贈れるAmazon特設サイトが公開中!

花王株式会社では、年末のお歳暮シーズンを迎えるにあたり「アタック」から販売されている「ウルトラアタックNeo 香りのブーケギフト」の年末ギフト特設サイトを、2018年11月よりAmazon内にオープンしています。

「アタック」では、当サイトのオープンに伴い「平成昭和の嫁姑お歳暮事情に関する調査」を実施いたしました。本調査はanan(株式会社マガジンハウス)と共同で、2018年9月~10月に2回に分けて、インターネット調査により行いました。


※第1回調査…実施時期:2018年9月、対象:嫁を持つ55歳~75歳の女性、サンプル数:100
※第2回調査…実施時期:2018年10月、対象①:姑を持つ20歳~30歳の女性(平成嫁と定義) 対象②:姑を持つ31歳~60歳の女性(昭和嫁と定義)、各サンプル数:100
(調査:アイブリッジ株式会社)

嫁姑のお歳暮事情

姑との関係を更に深める、3回目の贈り物の機会はお歳暮?
嫁からお歳暮をもらったことがある姑は3人に1人
一方で約4分の3はお嫁さんからお歳暮をもらったら嬉しいと回答!
嫁を持つ姑に対して「嫁からお歳暮をもらったことがありますか」という質問をしたところ、「ある」と回答した人は33%に留まった。また一方で「お歳暮をもらったら嬉しい/やや嬉しい」と回答した人が74%となった。
Q.お嫁さんからお歳暮をもらったことがありますか。(SA) N=100 ※第1回調査


Q.お嫁さんからお歳暮をもらったら嬉しいですか。(SA) N=100 ※第1回調査
平成嫁が円滑な姑との関係を築いている秘策の可能性がある「贈り物作戦」の、「母の日」「誕生日」に次ぐ第3の機会としてお歳暮を生かさない手はなさそうだ。

平成嫁のお歳暮事情

平成のお歳暮事情は“バブル”で“忖度型”
お歳暮予算 約5,500円の平成嫁、昭和嫁よりお金をかけている!
そして「夫の親」を忖度し、効率的・作戦的にお歳暮を贈っていると判明!
平成嫁・昭和嫁へ、自身の姑へお歳暮を贈る場合の予算を調査したところ、平成嫁は「平均5,405円」、昭和嫁は「平均4,420円」という結果に。バブル時代を経験している昭和嫁よりも、平成嫁の方が姑宛のお歳暮へお金をかけているということが分かった。
Q.お姑さんにお歳暮を贈る場合、金額はいくらくらいのものを贈りますか。 (FA) N=各100
また、昭和嫁は「自分の親」に対して最も多くお歳暮を贈っている一方で、平成嫁は「夫の親」にお歳暮を贈っている人は最も多いという結果に。さらに、平成嫁には「贈っていない」と回答した人が69%と昭和嫁の1.5倍存在し、お歳暮を贈る相手も絞っていることが判明。
Q.お歳暮を誰に贈っていますか。(MA) N=各100
両者を比べると、特に平成嫁は「夫の親」を忖度しながら、予算は高額な“バブル”思考にも関わらず、より効果的にお歳暮を贈っていることが明らかになった。

平成と昭和のお歳暮内容

お歳暮も相手に選ばせ、リスクを回避する時代に?
昭和嫁・平成嫁ともに、お歳暮の品には定番の“食品類”を好む一方で
平成嫁は昭和嫁の約3倍、“ギフトカタログ・商品券“を贈るという結果に
35 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式
元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧