2021年7月20日 更新

子どもに怒りすぎてしまう原因と、必ずやるべき子どもへのフォローとは

子どもに怒りすぎて、ものすごい後悔に襲われた経験はありませんか?ママが必要以上にイライラしてしまう原因と、怒りすぎた後に子どもが引きずらないように親がするべきフォローの仕方についてお話しします。

親として子どもを叱るべき時はありますが、つい必要以上に怒ってしまうこともありますよね。子どもに対して何故怒りすぎてしまうのか、考えたことがありますか?「いうことをきかない」「なかなか寝ない」「ワガママを言う」など子どもについての悩みが出てくると思いますが、実は根本的な原因はそこではないかもしれません。根本的な怒りの原因について考えていきましょう。

ママが怒ってばかりになってしまう根本的な原因とは?

gettyimages (272751)

肉体的疲労

家事と育児で座る暇もない生活がほぼ毎日続くことで、疲れを感じてしまいますね。子どもと一緒に公園で走り回ったり、抱っこしたりと普段は使わなかった筋肉を酷使するようになります。そして大きな荷物を持ち歩くことで、肩や首のこりに悩まされるママも多いです。

子どもがお昼寝している間に「ご飯つくっちゃおう!洗濯もしなくちゃ!」と忙しくしていると、寝起きの悪い子どもが寝室から「ママぁ〜」と号泣で目覚める。こんな毎日でが身体が休まらず、イライラの原因になるかもしれません。

精神的疲労

1人で子どもと向き合うことで、「なんで泣いてるの?」「なんで寝てくれない?」「なんでご飯食べないの?」と悩むことがありますよね。1人になる時間もない上に、周りのママと自分を比べて落ち込んだり、周りの子と我が子を比べて落ち込んだりすることもあるかもしれません。時には「お宅の子、ちょっと成長遅くない?」なんて悪気なく言ってくる人だっています。こういうのも含め、「育児疲れ」になるんですよね…。

感情を吐き出す場がない

「今日は子ども以外と会話しなかったなぁ」なんて日もありますよね。育児中は気軽に話せる人が居たり、感情を吐き出せる場所がないと辛いですよね。女性は特に自分の感情を吐き出すことでストレス発散になるとされていて、思っていることを外に吐き出せる環境があると良いかもしれません。

自分自身を満たしてあげよう

gettyimages (272753)

「言うことを聞かない」「悪さをする」などは成長過程だから仕方ないと分かっていても、しつけのためには仕方がないことですよね。“怒りすぎてしまう”というのはママの心が満たされていなかったり、ストレスを抱えているところにトドメの一発!といった感じで、子どもに対して怒ってしまう出来事が起きているのではないかと思います。先ほどお話した、怒りの根本を取り除いていくために出来ることについてお話します。

質の良い睡眠を取る

子どもを寝かしつけた後はやっとママの時間。寝てしまうのが惜しくなってしまいますね。夜はソファで寝落ちしがち…というママもいるようですが、しっかり疲れを取ろうとすると質の良い睡眠を心がけることが重要ですよ。
〈質の良い睡眠を取るためのポイント〉
・入眠3時間前は食べない
・就寝2時間前にはお風呂から上がる
・スマホやPCは寝る前に見ない
・アロマを焚く
33 件

このまとめのキュレーター

ゆうゆづママ ゆうゆづママ

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧