2021年11月8日 更新

11月22日は「いい夫婦の日」。あたたかい料理を囲んで、普段伝えられない感謝の気持ちを伝えよう!

11月22日「いい夫婦の日」。今年は感謝の気持ちを手作り料理に込めて、おうち時間を楽しんでみませんか?心も体も温めるあったか料理を食卓に並べて、夫婦で乾杯しましょう!

日本には昔から様々な歳時や行事がありますよね。どれも季節を感じるものであったり、生活の知恵が垣間見られるものばかりです。今回はその中の一つでもある、11月22日「いい夫婦の日」に注目!いい夫婦の日が作られた経緯や、夫婦で楽しむおうちレシピをご紹介します。

普段伝えられない感謝の気持ちを伝えよう

gettyimages (286657)

1998年、現在の(財)日本生産性本部が夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルを提案。その一環として提唱したのが「いい夫婦の日」です。この日は、普段パートナーに伝えられない想いを伝え、気持ちを形にして贈る日。皆さんも、忙しい毎日の中で忘れがちなお互いへの感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

「いい夫婦の日」にはあたたかい料理を“ふうふう”して、おうちで乾杯しましょう!

gettyimages (286658)

「いい夫婦の日」には、二人の時間を大切に過ごしてほしいという願いから、夫婦で参加できる様々なイベントが毎年各地で開催されます。とはいえ、今はなかなか人ごみに足を運ぶのは憚られる…という方も多いかもしれません。そこで今年は感謝の気持ちを手作り料理に込めて、おうち時間を楽しんでみませんか?心も体も温めるあったか料理を食卓に並べて、夫婦で乾杯しましょう!

夫婦で楽しむ“ふうふう”メニュー5選

包み焼きハンバーグ
 (286664)

ホイルで包み焼きにしたふっくらジューシーなハンバーグ。出来立て熱々を“ふうふう”しながらいただきましょう!
【材料】(2人分)
合挽き肉 250グラム
玉ねぎ 1/4個
パン粉 大さじ3
牛乳 大さじ2
ナツメグ 4振り
塩 小さじ1/3
胡椒 少々
マヨネーズ 大さじ1
卵1個

■ソース
ケチャップ 大さじ3
ソース 大さじ1.5
赤ワイン 大さじ1.5
砂糖 小さじ1/2
バター 5g
【作り方】
① 玉ねぎはみじん切りにする。パン粉は牛乳でふやかす。ハンバーグのタネの材料を全てボールに入れてよくこねる。
② オーブンを230℃に予熱する。タネを2等分して成型する。サラダ油を熱したフライパンできれいな焦げ目がつくまで両面焼く。
③ 焼けたらアルミの上に取り出す。タネを焼いたフライパンにソースの材料を全て入れて2分程中火で加熱する。
④ ハンバーグにソースをかけてアルミで包み、オーブンで5分焼く。

39 件

このまとめのキュレーター

hanako♬” hanako♬”

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧